激しく声を上げる菅野美穂、一体何が…?『明日の食卓』特報映像解禁

映画・舞台 公開日:2021/01/27 10
この記事を
クリップ

数々の文学賞の受賞実績のある椰月美智子による衝撃作『明日の食卓』の映画化が決定。本作に挑むのは社会派エンタテインメントの旗手である映画作家・瀬々敬久監督。



『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂が、フリーライターで二人の息子を育てる留美子役に挑み、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親をパワフルに演じる。また、シングルマザーで大阪に暮らす加奈には高畑充希。若くして子供を産み、日々非正規の仕事を掛け持ち、時間に追われながらも息子のために健気に生きる姿が心を打つ。そして年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見何不自由なく幸せを手に入れているあすみを尾野真千子が丁寧に演じている。

子を持つ親なら誰もが直面する社会問題を、瀬々監督の元、豪華女優陣が観るものの問題意識を喚起しながら、ハラハラドキドキ感とともにクライマックスへと向かわせ、ラストには見事に希望の光を見出してくれる、第一級のエンタテインメントへと昇華する。


この度、本作より特報映像とティザービジュアルが解禁された。特報映像では、同じ「石橋ユウ」という名前の息子を持つ3人の母親が、それぞれの息子と生き生きと暮らす様子が映し出される。しかし「ひとりのユウ君が母親に殺される」ことで映像は一変。「全部全部全部ゲームなんだ」と、ある息子の思いが暴かれ、3人の母親は前半の映像とは全く異なる表情を見せる。そして最後には激しく声を上げる菅野美穂演じる留美子―。豪華女優陣の鬼気迫る演技が見るものを圧倒させる。

3人の母親一人一人を収めた3種類のティザービジュアルも解禁。「息子を殺したのは、私ですかー?」という言葉とともに、笑顔に見えるが、切り取られた部分によって全く異なる表情をしている母親達。育児、仕事、交友関係、様々な場における顔を持つ母親の多面性を表し、この壮絶なドラマが“誰にでも起こりうる”ことを訴えかける。

それぞれの「石橋家」が交錯し、明るく幸せな生活が思いもよらない方向へと向かっていく『明日の食卓』。公開まで続報をお待ちいただきたい。


■映画『明日の食卓』

2021年春、全国ロードショー
出演:菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人 他
配給:KADOKAWA/WOWOW

(C)2021「明日の食卓」製作委員会


▼過去の記事はこちら


▼『明日の食卓』特報予告

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)