長澤まさみ「ものすごく綺麗」役所広司から褒められ大喜び

映画・舞台 公開日:2021/01/21 6
この記事を
クリップ

女優の長澤まさみが21日、都内で行われた映画『すばらしき世界』(2月11日公開)のプレミア上映イベントに主演の役所広司、共演の仲野太賀、そして西川美和監督と参加した。


【写真】長澤まさみの美麗ショット-->


映画の内容にちなんで「レポーターの長澤まさみです!」と役所に直撃した長澤は「長澤まさみはどうでした?」と質問。役所から「ものすごく綺麗ですよ!」と褒められると「ありがとうございます!」と大喜びだった。


また役所は長澤がタンカを切るシーンを「その通り!と拍手したいくらい素晴らしいシーンでした」と見どころに挙げて「みんな上手い!特にこの二人はね!」と長澤と仲野の芸達者ぶりに太鼓判を押していた。


映画『復讐するは我にあり』で知られるノンフィクション作家・佐木隆三による伊藤整賞受賞のルポ「身分帖」を現代に置き換えて映画化。実在の人物をモデルとした主人公・三上の数奇な人生を通して、人間の愛おしさや痛々しさ、社会の光と影をあぶり出す。



一方、仲野から「ぶっちゃけ、仲野太賀はどうでしたか?」と聞かれた役所は「この映画に出ていたっけ?」ととぼけつつも「彼はね、映画小僧ですね。映画大好きでカメラ大好き。なかなか素晴らしい俳優さんだと思う」と絶賛。それに仲野は「本人、相当に喜んでいると思います!」と喜色満面だった。


本作は第56回シカゴ国際映画祭で役所が最優秀演技賞、作品が観客賞を受賞。壇上ではその受賞トロフィーと盾がお披露目された。最優秀演技賞を受賞した役所はトロフィーを手に「作品の力があってこその個人賞。できることならばトロフィーを切り刻んでみんなで分けたいけれど、もったいないので僕が預かっておきますね」と茶目っ気たっぷりだった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)