SixTONES松村北斗、自己分析の結果「人として何かが足りない」と自虐

映画・舞台 公開日:2021/01/20 19
この記事を
クリップ

SixTONESの松村北斗と女優の森七菜が20日、都内で行われた映画『ライアー×ライアー』(2月19日全国公開)の完成披露イベントに小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督と出席した。


【写真】ほかの写真をみる


自分の表の顔・裏の顔をカミングアウトする企画を実施。松村は「皆さんには明るい人だと言われますが、僕は結構な人見知り。友達も多いと思われがちだけれど、結構なのけ者です。人として何かが足りない」と自虐。しかし耶雲監督から「撮影では誰よりも喋っていた」と言われ、七五三掛からも「明るかった」と人見知り説を一蹴されていた。


森は「表の顔はいつでもスマイル。もちろん裏でもしています!」と破顔。耶雲監督から「撮影中は人を寄せ付けないオーラがあって、役者としてやるべきタイミングや時間を作れる人」と賞嘆されると、「今のコメントをネットの記事に沢山してください!新聞の一面でもぜひ!」と満面の笑みで報道陣におねだりしていた。


小関は「几帳面そうだと思われるけれど、洗濯機を回した後にビショビショのまま放置しがち。洋服を生臭くする系男子です。残念な私生活を持っています。洗濯に関しては苦手」と告白。これに松村は「小関さんは完璧そうに見えるので、今のエピソードを聞いて安心しました」とずぼらな裏の顔に親近感を得ていた。



七五三掛は「僕は色々な人に優しそうだと言われるけれど、実は怒ったら怖いかなと思う」と意外な告白。仕事で嫌なことがあると「家に帰ってクッションをブンブンと振り回します」と具体的に紹介。しかし人を傷つけない怒りに方に、松村から「今の話を聞く限り優しそう」と言われていた。


恋愛経験ゼロの女子大生・湊(森)は、ある日ギャルメイクで街に出て同居中の義理の弟・透(松村)に遭遇してしまう。別人の女子高生“みな”だと名乗る姉の嘘を信じ込んだ透は、その“みな”にまさかの恋をする。漫画家・金田一蓮十郎による同名コミックを実写映画化。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)