シュワルツェネッガーの美しすぎる息子、“狂気”の変貌が話題

映画・舞台 公開日:2021/01/22 5
この記事を
クリップ

ホラー&スリラーファン待望の話題作が、次々と日本に上陸。特に映画ファンの間では、<意外な要素>が掛け合わされた“一風変わった”新作映画が、SNSを中心に話題を集めている。今回は、独創的な世界観が心を刺激する話題作をいくつか紹介したい。

美人妻×異物 全ては小さな“ガラス玉”から始まった…誰もが羨むセレブが“欲望”を呑み込んでいく

▼『Swallow スワロウ』(公開中)

金持ちの夫と結婚し、誰もが羨む豪邸で暮らす美人妻・ハンター(ヘイリー・ベネット)。しかし夫は彼女の話に耳を傾けず、義父母からも蔑ろにされ、孤独で息苦しい生活を過ごしていた。やがてハンターの妊娠が発覚し家族は大喜びするが、彼女の孤独は深まっていくばかり。そんなある日、ハンターはガラス玉を呑み込みたいという衝動にかられ、欲望のままに呑み下す。痛みとともに得も言われぬ充足感と快楽に心奪われたハンターは、次第により“危険なもの”を求めるようになり…。異物を体内に取り込むことで、心の隙間を埋めていこうとするハンターという、【美人妻×異物】というこれまでにない組み合わせで贈る、衝撃的なスリラー作品だ。異物を呑み込むことで自分を取り戻そうとする、主人公が最後に下した決断とは…?美しい映像とは裏腹にショッキングな展開が待ち受ける本作を、ぜひ劇場で目撃して欲しい。

Zoom×悪霊 楽しいリモート会が一変…起こるはずのない“不可解な現象”が、恐怖のどん底に陥れる

▼『ズーム/見えない参加者』(公開中)

舞台は、新型コロナの影響でロックダウン中のイギリス。Zoomを介し、定期的に集まる6人の仲良しグループが、ある日好奇心から霊媒師をゲストに招き、「Zoom交霊会」を実施しようと計画する。いつもの飲み会ノリで和気あいあいと交霊の儀式を始めると、そのうちそれぞれの部屋で異変が起こりだす。霊媒師が除霊を試みるも効果はなく、不可解な現象は次第にエスカレートしていき…。離れ離れの場所でも気軽に会話を楽しむことができるZoomは、今やコロナ禍において欠かせないツールのひとつ。そんなZoomで“見えない何か”が襲い掛かるという、未曾有の非常事態が生んだ初のZoomホラーの本作。もちろん撮影も全編Zoomで行われたそうだが、撮影中に出演者が不可解な音を耳にしたり、突然物が倒れる心霊現象が発生することもあったそうで、ホラー好きにはたまらない一本となっている。

美青年×スリラー 美青年ふたりのブロマンスから一転、狂乱の世界へ…“衝撃のクライマックス”が待ち受ける

▼『ダニエル』(2/5(金)公開)

本作の主人公は、幼少期に両親が離婚し、心に大きな傷を抱える青年・ルーク。彼の唯一の心の拠り所は、ダニエルという名の自分以外には見えない親友の存在だった。ある事件をきっかけにそんな“空想上の親友”を封印したルークだったが、時が経ち不安と孤独に苛まれたことで長年の封印からダニエルを呼び起こす。再会を果たしたふたりは、充実した毎日を共に過ごしながら、再び“唯一の理解者”となっていく。いつも力強い助言をくれるダニエルの存在により、ルークの生活は一変。すべてが順調に進むようになり、いつしかルークはダニエルを必要としなくなるが、ダニエルはそれを許さず、次第にルークの心身を支配しようと動き出す―。


ルークとダニエルを演じているのは、今ハリウッドから熱い視線が注がれる美しき<二世俳優>のふたり。ルーク役には、『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンスとオスカー女優のスーザン・サランドンを両親に持つマイルズ・ロビンス。“空想上の親友”ダニエル役は、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子であるパトリック・シュワルツェネッガーがそれぞれ好演。ルークとダニエル、絵画のような美しさを持つ二人の青年によるブロマンスが描かれていく…かと思いきや、次第に空気が一変。ダニエルが本性を現し、底知れぬ“狂気”を感じさせながらルークの精神を追い詰めていくという、耽美と狂気どちらの世界も楽しめる、新感覚“イマジナリー×スリラー”作品だ。

さらに世界的大ヒットシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング』の主演でも知られるイライジャ・ウッドが製作を務める本作は、スリリングなストーリー展開が話題を呼び、辛口映画批評サイト「Rotten Tomatoes」で91%の高評価を記録!(2019年7月9日時点)海外メディアからも、「圧倒的な感覚体験」(Little White Lies)「独創的で驚くほどの見応え」(New York Times)「現代版の『ファイト・クラブ』」(The Times)と称され、作品の面白さも折り紙付きだ。世界を熱狂させた、予測不能な<衝撃のクライマックス>が待ち受ける本作は、間違いなく今冬最も注目すべきスリラー作品のひとつといえるはず。

自宅での生活が増える今だからこそ、映画館でしか味わえない独創的な世界観を堪能して、心に刺激を与えてみてはいかがだろうか?映画『ダニエル』は、2/5(金)より全国ロードショー。


■映画『ダニエル』

2月5日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャイン(池袋)ほか全国公開
製作:イライジャ・ウッド
監督・脚本:アダム・エジプト・モーティマー
キャスト:マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガー
配給:フラッグ

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼映画『ダニエル』予告編

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ