山田孝之、主演ミュージカルの見どころは「賀来賢人のお芝居です!」

映画・舞台 公開日:2021/01/17 20
この記事を
クリップ

俳優の山田孝之が17日、東京・池袋の東京建物 Brillia HALLで行われたミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』(同所ほかにて1月18日より上演)の開幕直前取材に、共演の賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、矢本悠馬、じろう(シソンヌ)、長谷川忍(シソンヌ)、新妻聖子、演出の福田雄一氏とともに登壇した。


本作は、『コメディ界のビートルズ』と称されるイギリスの人気コメディ・グループ“モンティ・パイソン”の大ヒット映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975年公開)を元に作られたミュージカル作品。モンティ・パイソンのメンバーであるエリック・アイドルが脚本と作詞を担当し、全世界で上演されている。


ヨーロッパの有名な物語『アーサー王と円卓の騎士』をモチーフにした爆笑ギャグ満載のほか、数々の人気ブロードウェイ・ミュージカルのパロディが随所に登場。名シーンや“いわゆるミュージカル”らしい大げさな歌、セリフ、ストーリー展開を容赦なくいじり倒すほか、あらゆるタブーまでもギャグにしてしまう。その奇抜なセンスに注目が集まり、2005年ブロードウェイの初演時には、アメリカの演劇・ミュージカル界でもっとも権威のある賞“トニー賞”14部門ノミネート、そして最優秀ミュージカル賞を含む3部門を受賞した。日本では、2012年に初演、2015年に再演を果たし、2021年1月、キャストを一新して上演する。


本作の公開を直前に控え、見どころを聞かれると、円卓の騎士を集め、聖杯を探す旅に出るこの物語の主人公・アーサー王役を演じる山田は「賀来賢人のお芝居です!」と一言だけ発し、残虐なことさえ厭わない危険すぎる男・ランスロット卿役を演じる賀来は「散々、くだらないことがあり、散々、明るいダンス、歌をお踊り、そして“あー楽しかった”って思って、その2時間後くらいには“で、なんの話だったんだろう…”って思われる、とても素敵なミュージカルになっています」と紹介。


また、騎士になれば着飾って踊れると思い込み、入隊を志願するロビン卿役を演じる小関は「2021年始まって1月の舞台なので、この作品が(今年)初めてという方も多いと思いますので、一発目の作品は笑いで始まるいい作品なんじゃないかなと思っています。ぜひ見にきてください」とアピールした。


そして最後に、意気込みコメントを求められた山田は「よしっ、やるぞ!」と拳を突き上げ、「いろいろあるだろうけど、ここにいる時間くらいは嫌なことも忘れて、笑ってもらうってことを目標に、スタッフ・キャスト全員、頑張って稽古してきて、僕らはそれをぶつけるだけなので、本気で受け取って笑っていただけたらなと思います」と語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)