中村倫也、同い年北川景子を絶賛「爪の垢を煎じて飲みたい。あとで爪ください」

映画・舞台 公開日:2021/01/12 40
この記事を
クリップ

また窪塚は中村の演技を見て「本当に驚愕した」という。「『え、こんなに出来んの』っていうと偉そうなんですけど、全部わかってやってんだって。眉毛ちょっとピクッとか、たぶんまばたきどこでやってるかも覚えてんだろうなこの人っていうくらい、全ての芝居が自分のコントロールの中にあって、それに本当に驚愕したんです」と大絶賛。「芳根ちゃんとは一緒のシーンがなかったので、残念ながら現場で体感することはなかったけど、北川さんにしても中村くんにしても、ケツを叩かれるような、役者って面白いけど怖いな、負けたくねぇなって正直思ってしまった」と共演者を褒めちぎった。

この言葉を受けて中村が「今酔っ払っちゃいました。ソワソワしますね。うれし恥ずかしオーマイハートです。死ぬのかな俺」と照れると、窪塚は「本音なんで」と断言した。


父親殺しの容疑者・聖山環菜を演じる芳根は、北川との共演シーンで涙を流すシーンを回顧。「すごく緊張したんですけど、北川さんを目の前にすると全然、出来ないかもなんて思うヒマもなく涙があふれるので、すごく不思議な感覚になりました」と語りつつ、「脳みそと心がバラバラみたいな。心臓の音が自分で聴こえてて、編集の時に聴こえてたんですよね。マイクが拾っちゃってて」と告白。堤監督は「そう。ポクッポクッて音が」とうなずいた。


そんな芳根について北川は「本当に芳根京子さんという女優さんはすごいです。何回やっても、ピッと押したら涙が出るのかなというくらいたくさん涙が出るし、もうちょっと力加減していいよと思うくらい、アクリル板を叩くシーンも全力で叩くし、本番終わるごとに色んなところを冷やしたりアザ作ったりしながらもこの役に全力投球をしていて、すごい女優さんだなと思います」と感心していた。


【画像もっと見る】笑顔を見せる中村倫也


映画『ファーストラヴ』は、2月11日(木・祝)全国ロードショー。

配給:KADOKAWA

©2021「ファーストラヴ」製作委員会



2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)