綾野剛、新成人へエール「みなさんにはどんな夢が見えてるのかな」

映画・舞台 公開日:2021/01/11 19
この記事を
クリップ

綾野剛と舘ひろしが初共演する映画『ヤクザと家族 The Family』の完成報告&生配信トークイベントが11日、都内にて開催。綾野、舘、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、藤井道人監督が出席した。

 

本作は、1999年、2005年、2019年と変わりゆく3つの時代に、ヤクザとして生きるしかなかった男と彼を取り巻く人々を、抗争ではなく家族という視点から描いたヒューマンストーリー。少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治を初のヤクザ役となる綾野が、山本に“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、43年ぶりのヤクザ役となる舘がそれぞれ演じる。

 


『ヤクザと家族 The Family』一言で表すなら…

「同作を一言で表すなら?」というお題に、トップバッターとなった舘は「愛」と回答。「私の大好きな“愛”。先程、尾野くんから『舘さん、下ネタはダメよ』と言われましたので、下ネタのない“愛”でございます」と笑いを誘った。

 

また綾野も舘と同じく「愛」を挙げ、「うれしいです。ドキドキしました、舘さんが“愛”と出した時に」と笑顔。舘が「下ネタはダメよ」と笑い、尾野も綾野を指差すと、綾野は「なんだよ」と苦笑した。

綾野を指差す尾野の指には包帯が巻かれており、綾野が「尾野真千子さんの手、みなさん気になってると思いますけど、突き指をしまして」と説明。目と口が描かれた包帯について、綾野が「突き指だとちょっとアレだと思ってニコちゃんマークを描いております。みなさんにPEACEな思いが伝わればと、そういう願いを込めております」と続けると、尾野は恥ずかしそうに指を顔の横に掲げた。

 

【次ページ】尾野真千子、旧知の仲・綾野剛を絶賛「こいつさぁ、デカくなったな」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 53件)