綾野剛 命がけの疾走シーンでリーダーシップ発揮、怪我の手当まで

映画・舞台 公開日:2021/01/12 6
この記事を
クリップ

綾野剛と舘ひろしが初共演する映画『ヤクザと家族 The Family』(1/29公開)より、綾野剛が白昼の商店街を命がけで疾走する本編映像が解禁された。



変わりゆく3つの時代を描くヒューマンストーリー

『MOTHER マザー』『新聞記者』など話題作を世に送り出すスターサンズと、日本アカデミー賞主要3冠に輝いた『新聞記者』のスタッフが再集結して新たに描く映画『ヤクザと家族 The Family』。1999年、2005年、2019年と変わりゆく時代に、ヤクザという生き方を選んだ男と、彼を取り巻く人々を、抗争ではなく、家族の視点で描いた壮大なクロニクル(年代記)だ。


少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが演じる。


解禁された本編映像

綾野剛演じる山本が攻防戦を繰り広げながら町を疾走する迫力ある本編映像が解禁された。今回解禁となる映像は、三部構成となる本作の第一章、1999年パートの瞬きする暇もないほどの迫力あるシーン。綾野剛演じる山本賢治が、柴咲博(舘ひろし)率いる柴咲組と敵対する侠葉会の息のかかった売人から覚せい剤を奪ったことから、一触即発の逃走劇が始まる─。


山本が商店街を歩いていると一本の電話が鳴り、「逃げてください!」と悪友・細野(市原隼人)の叫ぶ声が。すると目の前には黒いスーツをまとったヤクザが現れ、突如山本は追われる羽目になる。アーケード通り、商店街、そして古びたアパートといたるところを全速力で疾走し、侠葉会のヤクザと攻防を繰り返しながらも逃げていく。何とかして敵を振り払い、通りに出たのもつかの間、車にはねられ、道へ倒れこむ山本であった。


綾野剛がリーダーシップを発揮

撮影前から綾野、藤井監督で話し合いながら作り上げられた山本という男のイメージ ― 金髪に真っ白なTHE NORTH FACEの上下と白いNIKEのスニーカーという強烈なビジュアルと、身体能力の高さを見せつけている本シーン。特に車にはねられるシーンの撮影においては、舘が「3テイクもやったの?」とビックリするほどリアルを追求した撮影だったようで、綾野も「怪我をしないようにイメトレして臨んではいるものの、轢かれる瞬間は思った以上に車は重かった」と語るほどに、撮影における最初のクライマックスと言える体を張ったアクションシーン。


現場では、綾野はリーダーシップを発揮し、演出だけではなく、撮影中に転んだカメラマンの怪我の手当まで率先してかってでた(スタッフ談)。

【画像】モニターをチェックする綾野剛ら


「何一つ妥協していない」

撮影を担当したのは『デイアンドナイト』(19)や『新聞記者』(19)など、藤井監督作品に無くてはならない存在にして、大学時代からの友人である今村圭佑。本シーンを含む第一章では手持ち撮影がメインで、フィルムの生っぽさとざらつきを思わせる質感と陰影のコントラストがかつての香港ノワールのようなムードを醸し出している。藤井組初参加の舘ひろしも今村の撮影を称賛。「藤井監督含む、撮影現場のスタッフたちが何一つ妥協していない。久しぶりに骨のあるハードボイルドな作品に出演出来て嬉しかった。」と若い世代のキャスト、スタッフが発する熱き現場で同じ時を過ごしたことを嬉しそうに語った。


【画像】ほかの写真を見る(全5枚)


▼完成披露イベント取材レポートはこちら(写真53枚!)


■『ヤクザと家族 The Family』
配給:スターサンズ/KADOKAWA
2021年1月29日 全国公開
©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

この記事に関連するコメント

あやぽんた @ayapon_ta 1月13日

綾野剛 命がけの疾走シーンでリーダーシップ発揮、怪我の手当まで | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/p8j8fcb24k