松村北斗(SixTONES) 涙で「別れたくない」“愛が重すぎる系男子”に変貌した本編映像解禁

映画・舞台 公開日:2021/01/08 17
この記事を
クリップ

松村北斗(SixTONES)と森七菜の初共演&W主演の映画『ライアー×ライアー』がアスミック・エース配給により2月19日(金)に公開される。この度、松村北斗(SixTONES)演じる”愛が重すぎる系男子”透が、森七菜演じるJK・みなへ、デレと愛を大炸裂させまくる瞬間を捉えた本編映像が到着した。


原作は、累計発行部数190万部を突破、金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)。ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ本作が待望の映画化となる。

両親の再婚により松村北斗(SixTONES)演じる高槻透と義理の姉弟になった、森七菜演じる高槻湊。とある理由でJKのフリをしていたところ透と遭遇してしまい、さらには姉と気づかず“JK・みな”という別人だと信じる透に恋をされ、勢いで付き合うことに…。湊に対してはいつも超不愛想で“ツン”の態度をとっている透だが、恋人になったみなに対しては、“デレ”の一面をこれでもかというほどに大炸裂させていく。



到着した映像は、湊であることがバレないように携帯を持っていないとウソをついたみなに透が自ら携帯を用意する特徴①「専用の携帯をプレゼントする」にはじまり、特徴⑦にわたっていちど一途になると愛が止まらない“愛が重すぎる系男子”に変貌した透の姿が満載。みなが透の本気度を確かめるためにわざと長時間遅刻したり、女性との関係をすべて切ってほしいと無茶なお願いをしたことをすんなりと受け入れたり…さらにはみなと過ごす時間を少しでも長くするため自分の貯金をはたいて “彼女の為に一人暮らし”を始め、止まらない愛情を唐突に表現してみせたり、みなが七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)演じる透の親友・桂に偶然出くわしてしまったときは“男友達にも会わせない”ように関わりを完全にシャットダウンしようとし、なんと最後の特徴⑦では涙をみせることも…!?


常にツンツンした透にうんざりしている湊はもちろん、観る者全員が透のデレデレギャップに胸を掴まれること間違いなし。前代未聞の三角関係の行方はどうなっていくのか…ドキドキの展開に期待が高まる映像となっている。映画本編には本シーン以外にも透のツンデレがてんこもり。気になる全貌は劇場で確かめよう。


■『ライアー×ライアー』
2月19日(金)全国ロードショー
出演:松村北斗(SixTONES) 森七菜
小関裕太 堀田真由 七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)/板橋駿谷 竹井亮介 相田翔子

原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一
音楽:遠藤浩二
主題歌:「僕が僕じゃないみたいだ」SixTONES(Sony Music Labels)

製作:『ライアー×ライアー』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース
(C)2021『ライアー×ライアー』製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

※本記事は掲載時点の情報です。