工藤遥、「モーニング娘。」時代に培った“負けん気”で挑む女優業

女優業にはプライベートの充実が大切

モーニング娘。」を卒業して約3年。直後には、スーパー戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で早見初美花/ルパンイエローを演じ、1年という長丁場で一つの作品に向き合う経験をした。その後も、映画への出演が続いている。


「女優さんをやりたいという気持ちはまったくブレないで来られました」とこの3年を振り返ると「一番大きく変化したのが、日常への向きあい方です」と語る。


これまでは仕事とプライベートという切り分けをあまり意識してこなかったという工藤。しかし女優業に向き合うようになって「プライベートをしっかり充実させることが、表現の引き出しを増やすことになる」ことに気づいた。「お芝居をしていて、人生経験が少ないとどうしても想像になってしまう。そこには限界があるので、より多くのことを経験することが大切だと痛感したんです」と言葉の真意を説明する。


これまで一人でなんでもやってしまう性格だったというが、いまは友人や家族など人と過ごす時間を大切にするようになった。人と接することによって感じることが、役者人生に活きるという確信が持てた。「この1年ぐらい、特に多くの俳優さんとお仕事をする機会に恵まれたのですが、プライベートのエピソードが面白い方って、お芝居もとても魅力的なんですよね」。


【次ページ】井上真央に掛けられた一言を胸に!

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 64件)