吉永小百合 松坂桃李 広瀬すず 感涙必至の大本命、特報映像が解禁

映画・舞台 公開日:2020/12/24 8
この記事を
クリップ

都内の終末期医療専門病院に勤務し、命の終わりを真摯に見つめる現役医師でありながら、作家として『サイレント・ブレス』や、NHKにてテレビドラマ化され話題を呼んだ『ディア・ペイシェント』を世に送り出した南杏子による『いのちの停車場』。



今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族が描かれたその感涙の物語を、『八日目の蝉』や『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』など多数の名作を生みだした映画界を代表する監督のひとり、成島出がメガホンを取り映画化。豪華キャスト&スタッフが紡ぐ感動のヒューマン医療ドラマ『いのちの停車場』が、5月21日(金)より全国公開される。


この度、本作の特報映像が解禁された。本編映像初解禁となる。本作は、金沢の小さな診療所・「まほろば診療所」を舞台に“いのち”に優しく寄り添う医師と、避けることのできない死を迎える患者とその家族が、それぞれの立場から病と向き合い、葛藤し、成長してゆく姿を描いた物語。今回解禁となった特報映像は、主人公・咲和子(吉永小百合)が救命救急医として働く緊迫した場面からスタート。とあることをきっかけに故郷・金沢へ戻ることとなった咲和子は“いのちを救う救命医”から“いのちに優しく寄り添う在宅医師”として再出発させることとなる。

優しいまなざしで、患者と家族に寄り添う咲和子の姿に続くのは「まほろば診療所」のメンバーたち。尊敬する咲和子を追って金沢へやってきた野呂(松坂桃李)、訪問看護師の麻世(広瀬すず)、そして院長の仙川(西田敏行)らの、咲和子と共に様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも歩んでいく姿が名場面から切り取られ、彼女たちが患者たちと重ねる“いのちの一瞬の輝きに向かう大切な日々”を見守るかのような美しい四季折々、そして、優しく語り掛けるような名曲『アメイジンググレイス』が相まって、感涙必至の物語誕生を知らせる特報映像となっている。

吉永は、今作で122作目にして初の医師役に挑戦。実際に在宅医療を行う「つるかめ診療所」の鶴岡優子先生、鶴岡浩樹先生や、東京女子医科大学病院・救命救急センター長の矢口有乃先生に医療指導を受け、並々ならぬ情熱をもって撮影に臨んだ。「まほろば診療所」メンバーを演じる松坂、広瀬、西田に加え、石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるら日本映画を代表する俳優からマルチタレントまでオールスターキャストが集結。“いのち”や絆について考えることが多い今の時代だからこそ観るべき、感動のヒューマン医療ドラマ『いのちの停車場』に是非、ご期待いただきたい。


■映画『いのちの停車場』

5月21日全国ロードショー
出演:吉永小百合 松坂桃李 広瀬すず 南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる 石田ゆり子 田中泯 西田敏行

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会


▼過去の記事はこちら


▼映画『いのちの停車場』特報映像

※本記事は掲載時点の情報です。