岩田剛典に新田真剣佑がドッキリ!?クリスマス・イブに“伏線だらけの物語”が動き出す

映画・舞台 公開日:2020/12/24 10
この記事を
クリップ

主演・岩田剛典、共演に新田真剣佑を迎え表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメント、映画『名も無き世界のエンドロール』が、2021年1月29日(金)に公開。この度、クリスマス・イブに合わせ、冒頭シーンの本編映像が解禁された。



何よりも強い絆で結ばれた幼馴染みのキダとマコト。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だが実はそれは、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった。

穏やかで優しい性格でありながら裏社会に入り、いくつもの危ない橋を淡々と渡っていくキダ役に岩田剛典。キダの力を借りながら会社経営者となり、頭脳と情熱を注ぎ込みのし上がっていくマコト役を新田真剣佑。今や若手俳優の中でも傑出した存在感を誇る2人の初共演が実現。互いになくてはならない表裏一体のバディを熱演し、観る者の心を鷲づかみにする。物語のカギを握る2人のヒロイン役には山田杏奈、中村アン、また、石丸謙二郎、大友康平、柄本明などベテラン勢も集結!原作は、2012年「小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫の同名傑作小説(集英社文庫刊)。監督は『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などを手がけてきた佐藤祐市。2021年最大の衝撃サスペンス・エンターテイメントが、ここに誕生!

この度、クリスマス・イブに合わせて、まさにクリスマス・イブが舞台となっている本作の冒頭シーンを解禁。幼馴染のキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)が、10年にも及ぶ”ある壮大な作戦”の最終章をスタートさせる重要なシーンだ。


キダが歩いているのは、クリスマス・イブできらびやかにライトアップされた人通りの多い繁華街。何故かサンタクロースのコスチュームに身を包んでおり、待ちゆく人達は物珍しそうに振り返るものの、格段特に気に留めている様子はない。キダは電話の向こうのマコトと何かを確かめるように少し会話を交わし、「神様がたまには世の中の為になることしろって言ってるんじゃない?クリスマス・イブなんだから」とマコトがキダをからかうと、キダは「神様なんているかよ」とすかさず反論する。短い会話だが、いたずら好きのマコトと、いつもマコトに”ドッキリ”にかけられてしまうキダの普段の関係性が垣間見えるシーンだ。会話の最後には「キダ、お前にもドッキリ仕掛けといたからな」と、こんな時でもキダへのドッキリを匂わせるようなマコトの台詞も。伏線だらけの物語に、このオープニングシーンがどのように関わっていくのか…、公開までの約1カ月間、想像が膨らむ映像となっている。

映画『名も無き世界のエンドロール』が、2021年1月29日(金)に公開。


映像配信サービス「dTV®」にてオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later ~』が、映画公開と同日の1月29日(金)より全3話で独占配信されることが決定!舞台は映画のラストから半年後の世界。闇の交渉屋として生きるキダを中心に、幼なじみしか知らないはずのある言葉を放つ謎の女性との出会いをきっかけに自らの運命と対峙していく様を描く。※1「dTV」は、株式会社NTTドコモの登録商標

■映画『名も無き世界のエンドロール』
2021年1月29日(金)全国ロードショー
出演:岩田剛典 新田真剣佑 山田杏奈 中村アン / 石丸謙二郎 大友康平 柄本明
主題歌:須田景凪「ゆるる」(WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE)
原作:行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
監督:佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 -かさね-』 など)
配給:エイベックス・ピクチャーズ

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」は映像配信サービス・dTVで2021年1月29日より【全3話】独占配信

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)