志尊淳、山田洋次監督作品への初出演決定に驚き「全てにおいて貴重な時間」

映画・舞台 公開日:2020/12/22 21
この記事を
クリップ



リリー・フランキー コメント>
山田洋次監督、沢田研二さん、志村けんさん。僕の憧れのスターの方々と、同じフィルムの中に存在できたことが、幸福です。

志尊淳 コメント>
自分の人生において、山田洋次監督作品に出演させていただける事があるなんて思ってもいませんでした。スタジオに入った瞬間から感じる、緊張感、繊細さ、熱量。全てにおいて貴重な時間でした。

前田旺志郎 コメント>
この度、ゴウの孫の円山勇太役を演じさせていただいた前田旺志郎です。お話をいただいた時、自分がまさか山田洋次監督作品に携われる日が来るなんて思ってもいなかったので、ものすごくテンションが上がりました。現場はもちろん、本読みの時からたくさんのご指導をいただいて大変勉強になりました。正直、山田監督は厳しかったです。しかし、それは僕にだけではなく自分自身に対してもで、映画を作る事への一切妥協しないあの姿勢は映画への愛に溢れており、心の底からリスペクトしています。改めてこんな素敵な作品に出演できた事が嬉しいですし、多くの人に観ていただきたいと思います。


■映画『キネマの神様

2021年4月16日(金)全国ロードショー
出演:沢田研二 菅田将暉 永野芽郁 野田洋次郎北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子
配給:松竹

(C)2021「キネマの神様」製作委員会



▼過去の記事はこちら

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)