林遣都、監督の演出方法に驚愕!駐車場のシーンで「ムチャクチャ暴走しました」

映画・舞台 公開日:2020/12/19 25
この記事を
クリップ

映画『私をくいとめて』公開記念舞台挨拶が19日、都内で開催され、主演を務めるのんをはじめ林遣都、臼田あさ美、若林拓也、片桐はいり、橋本愛、大久明子監督が登壇した。


本作は、芥川賞作家・綿矢りさの原作を、映画『勝手にふるえてろ』などの大久監督が映画化。脳内に頼れる相談役を持つおひとりさまライフをエンジョイするみつ子(のん)が、ある日うっかり年下の営業マンの多田くん(林)に恋をしてしまい、日常が変化していくさまを描く。


みつ子の会社にたびたび訪れる腹ペコな年下営業マン・多田くんを演じた林。大久組は初参加となるが、その演出方法には驚くことばかりだったよう。


【画像もっと見る】笑顔を見せる林遣都(キャストソロカット充実)

林は「印象に残っていることがたくさんあります」と切り出すと「現場で急に『遣都くん、ざっぱーんって言って』と言われたり、アフレコ収録の際に『歌覚えてきて』と言われたり……。特に印象に残っているのが、みつ子と買い物に行くシーンの駐車場で『好きなように走って』と言われたこと。映画でしかこんな経験できないなと思ってムチャクチャ暴走してしまいました」と懐かしそうに撮影を振り返っていた。


【関連】林遣都、元恋人と偶然再会し…過去のトラウマから“再生”へ『姉ちゃんの恋人』


のんも、大久監督の助言は助けになったという。「私はみつ子を非リア充だと思っていたのですが、監督は『そうではなくて、しっかり生活を営んでいるおひとりさまリア充なんだ』と言ってくれて、ハッとしました」と気づきが多かったことを明かすと「監督が演出をつけるときの動きが、あまりにも完璧すぎて、それをしっかりできるように頑張って動きました」と大久監督を絶賛。


またこの日は、みつ子の脳内相談役Aの声を、俳優の中村倫也が務めていることも発表された。中村は「いままでずっと口止めされていたのですが、今日ようやく解禁できて嬉しいです」とメッセージを寄せると「映画をとても楽しく拝見させていただきました。女性だけではなく男である僕も共感できました」と感想を述べていた。


大久監督はマスクをした満員の客席を見渡すと「こんな時期に映画館に足を運んでいただき感謝しています」と述べると「まだまだ世の中はウイルスに振り回され、いつまでこんな日が続くのだろうと苦々しい思いではありますが、この映画を観ているときだけは楽しい2時間であっていただければ嬉しいです」とメッセージを投げかけていた。

【関連】有村架純&林遣都の絶妙な距離感「踏み込んでいるようで…」『姉ちゃんの恋人』



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 56件)