綾野剛主演『ホムンクルス』“この俳優陣がベスト”メインキャスト発表、特報解禁

映画・舞台 公開日:2020/12/11 24
この記事を
クリップ

映画『ホムンクルス』より、待望のメインキャスト陣が発表された。それに伴い、ティザーポスタービジュアルと最速での特報映像も解禁された。


メインキャスト発表「この俳優陣がベスト」


伝説的カルト漫画「ホムンクルス」が実写化されることで、原作ファンを巻き込んで話題となっている本作。主人公の記憶も感情も失くしたホームレスを綾野剛が演じることが先日発表され、次に原作ファンが気になるのが、主人公にトレパネーションを薦める医学生・伊藤学役。この謎めいた男を『カツベン!』(2019)などで数々の映画賞を受賞し、その演技力に定評があり現在NHK連続テレビ小説『おちょやん』にも出演中の若手実力派俳優の成田凌が演じている。


劇中“謎の女”として、『愛がなんだ』(2019)や『空に住む』(2020)などで注目を集める岸井ゆきのが登場。さらに、主人公に関わっていく女子高生役に、E-girlsのパフォーマーとしても活躍し、『心が叫びたがってるんだ。』(2017)や『記憶の技法』(2020)などで女優としても活躍している石井杏奈。同じく主人公に意外な深層心理を見られてしまうヤクザの組長役には、『海難1890』(2015)や『きのう何食べた?』(2019)などドラマ・映画・舞台と幅広くその存在感を放つ名優、内野聖陽が出演する。


このキャスト陣に清水崇監督も「旬な熱量と存在感、センスと実力…において、この俳優陣がベストだと思っています。」と語っている。


特報映像解禁

待望の特報映像にも注目。医学生の「記憶ないんですよね?!」のセリフから始まる衝撃の映像。スタイリッシュな映像を散りばめたスピード感ある映像が、原作の世界観を最大限に引き出している。



期限7日の覚醒体験。心の闇が視覚化する衝撃のサイコミステリーが誕生。目に見えるものが真実ではないという論理が、あなたに何を体感させるのか?人間という生き物の正体とは何なのか――


2021年4月2日に日本限定で劇場公開され、その後、Netflixでの全世界独占配信が決定している2021年最も熱い話題作「ホムンクルス」。続報にも注目だ。


キャストコメント

<成田凌 コメント>

僕が演じた派手で臆病な伊藤という人間は、僕自身抱えたことのないトラウマがあり、冷静であるが故の起伏の激しさがある、常に矛盾と戦い生きている人です。僕は普通に生きたいですが、本作は人間というものを、思い出させてくれるような、とても興味深い作品だと思います。


<岸井ゆきの コメント>

今回の現場では、チームのみんなが集まってその場面を共有し、整理しながらひとつひとつのシーンを作っていく現場だったので、毎回少しのずれもしっかり相談することができ、素直に役に挑めました。私が演じる役は、名越との出会いをきっかけに自分の過去と向き合うことになるのですが、多くは語らない曖昧な記憶との戦いを、短いシーンでどう表現するか悩みました。もし自分に脳内覚醒・第六感が芽生えたら、もうこの世にはいない祖母や祖父ともう一度話せたらいいなあと思いますが、オバケが見えるのは御免なのでこのままでいい、のか。。。むずかしいところです。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)