ジャニーズWEST藤井流星『映画 賭ケグルイ』で悪役初挑戦、最凶最悪の刺客となり浜辺美波と対峙

映画・舞台 公開日:2020/12/10 22
この記事を
クリップ

ジャニーズWESTの藤井流星が、2021年公開の『映画 賭ケグルイ Part2(仮題)』に、シリーズ最凶最悪の刺客、視鬼神真玄役で出演することが決定した。本日、視鬼神と浜辺美波演じる主人公の蛇喰夢子が対峙する衝撃のティザーポスタービジュアルが解禁され、本作の公開が2021年5月になることも発表された。



河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画『賭ケグルイ』。2018年1月に実写ドラマ化され、手に汗握るゲーム展開、個性的なキャラクターと最旬若手俳優たちの振り切った演技が大きな話題となり、2019年春には『賭ケグルイ season2』の放送、続く2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が全国ロードショーされ大ヒットを記録した。さらに、『賭ケグルイ』の1年前の百花王学園を舞台にし、読者投票人気No.1キャラクターである早乙女芽亜里を主人公に据えた『賭ケグルイ双(ツイン)』(原作:河本ほむら 作画:斎木桂)の実写ドラマが、シリーズを通じて芽亜里を演じている森川葵主演で製作されることが先日発表され、ますます盛り上がりをみせる実写版『賭ケグルイ』プロジェクト。


本作は前作『映画 賭ケグルイ』で全校生徒を巻き込んで行われたギャンブルバトル“生徒代表指名選挙”が幕を閉じた直後の物語。平穏を迎えたかのように見えた百花王学園だったが、実際は圧倒的存在感を放つ夢子と、彼女に危機感を募らせる生徒会の間で、危ういバランスの間で揺れ動いていた。そんな学園に、ある男が現れる。彼の名は視鬼神真玄。2年前に起こしたある事件をきっかけに学園を追われた危険な男。共感覚という特殊能力を持つ凄腕のギャンブラーでもある視鬼神は学園を混沌に陥れ、やがてその毒牙は夢子にも迫ろうとする…。




『賭ケグルイ』シリーズ史上最も狂気に満ちたキャラクター視鬼神を演じるのは、人気グループ ジャニーズWESTの藤井流星。自身初となる悪役を演じた感想を「テレビで見ていたあの世界でお芝居をするのにめっちゃびびりましたが、最大の敵という役どころ、シリーズで一番ぶっとんでいる役を監督と一緒に作り上げました。全部が見どころになっていますので、是非楽しみにしていてください」と語る。

『賭ケグルイ』シリーズのプロデューサーを務めるギャガの松下剛は藤井の起用理由を「曲者キャラ勢揃いの本作の中で、誰とも被らない『予測不能な最強ヴィラン』を創るのが本作最大のテーマでした。藤井さんの持つ恵まれた体格、強い眼力、彫刻のような顔立ち、低くて太い声、色気のある佇まい、その全てが、普段その辺では決して出会えなさそうな、浮世離れした視鬼神真玄のイメージと重なり、オファーしました。視鬼神という役を文字通り全身で表現してくれて、本作にとっても、ご本人にとっても、完全な新境地に達することができたと確信しています」と話し、その演技を絶賛する。

さらに、藤井の出演情報にあわせ、本作のティザーポスタービジュアルと視鬼神のキャラクターカットも解禁された。ティザーポスタービジュアルは視鬼神が夢子に拳銃を突き付けるビジュアルとなっており、今回のストーリーが、今までより過激で衝撃的なものになっていることがうかがえる。禍々しい紋様のタトゥをまとい、不敵な表情を浮かべる藤井演じる視鬼神が、『賭ケグルイ』の世界をどのように滾らせてくれるのか?2021年5月公開ということも発表され、ますます期待は高まる。


1/2ページ