仲野太賀&長澤まさみは何を見た…?“元殺人犯” に好奇な目ですり寄る下世話なテレビマン

映画・舞台 公開日:2020/12/08 14
この記事を
クリップ

直木賞作家・佐木隆三氏の小説『身分帳』を原案とした、『ディア・ドクター』『永い言い訳』の西川美和監督最新作『すばらしき世界』が、2021年2月11日(木・祝)より全国公開される。



西川美和監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約35年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑んだ本作。生きづらい社会の中で、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して「社会」と「人間」の“今”をえぐる問題作。本年度第56回シカゴ国際映画祭にて【観客賞】【最優秀演技賞/役所広司】2冠の快挙を達成し、来年2月の公開を前にすでに国内外から絶賛の嵐を巻き起こしている。

テレビ番組のネタにしようと13年ぶりに出所し、社会復帰を目指す三上(役所広司)にすり寄るテレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)。言葉巧みにそそのかし、俗っぽい好奇の目でファインダー越しに三上の一挙一動を追い続ける。最初はおっかなびっくりな様子で密着を続けていた津乃田だったが、次第に元殺人犯らしからぬ三上の意外な一面に気づく。情に熱くまっすぐな一面や人懐こい笑みを向けてくる三上と触れ合い、彼の本当の素性が見えてきた矢先、“元殺人犯”の片鱗を覗かせる姿を目撃することになる。


この度、テレビディレクター役・津乃田と吉澤を熱演する仲野太賀、長澤まさみの場面写真が解禁。津乃田が三上に密着し質問を投げかけながらカメラを回し続ける姿や、三上の人間味あふれる一面に触れ、ネタにすることをためらい始める津乃田とは相反して、撮影された密着映像を見ながら笑みを浮かべる吉澤を切り取った場面写真だ。また、強張った顔でカメラを回し続ける津乃田の姿も…一体何を目撃してしまったのか。一方で、役所広司演じる三上の表情は穏やか。スーパーマーケットの店長(六角精児)と談笑する様子や、出所当日の刑務所内の一幕が伺える。

津乃田役を演じた仲野は現場を振り返る。「(冒頭の津乃田は)強い意志を持って取材をしようという感じではなく、『ちょっと行ってみた』くらいの感覚です。ところが三上と出会っていく中で、どんどんその人間性に引かれ、目が離せなくなる。じつは僕自身、それこそ取材対象のように、自分の出番はない日の役所さんを、現場の邪魔にならないように見学に行っていました。それは三上さんを自分の目に焼き付けておきたかったから。なるべく、三上さんを、役所さんの存在を、僕を通して津乃田の中に染み込ませたくて。三上さんに振り回される役回りだったので、三上さんの芯に触れる機会が欲しくて通っていました」


三上を見つめる津乃田は、わたしたちの目であり、そのままスクリーンを見つめる私たちを映画の中に潜り込ませてくれる。仲野が映画の内外で追い続けた三上=役所広司が放つ、目を逸らすことのできない躍動を一緒に体感したい。


■映画『すばらしき世界』

2021年2月11日(木・祝)全国公開
出演:役所広司 仲野太賀 六角精児 北村有起哉 白竜 キムラ緑子 長澤まさみ 安田成美 / 梶芽衣子 橋爪功
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)佐木隆三 / 2021「すばらしき世界」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)