『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』“ワケアリ”男子がカバーするJ-POP7曲のタイトル解禁

映画・舞台 公開日:2020/11/27 9
この記事を
クリップ

2021年2月11日(木・祝)に公開される映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』。この度、本作の劇中で出演キャストたちがカバーする、誰もが一度は耳にしたことがあるJ-POPのヒットチューン全7曲のタイトル情報が解禁された。




西銘駿、飯島寛騎ら『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』公開日決定、主題歌も初解禁


映画・ドラマ・舞台で大活躍中の、イケメン若手俳優によるwebラジオ番組『おしゃべや』は、オールナイトニッポンi(ニッポン放送)にて配信中。番組パーソナリティ10名による人気プログラムがスタジオを飛び出し、オリジナルストーリーにて『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』として映画化される。「―かつてのラジオを再び!!」過去に存在したラジオ局を自分たちの手で復活させるべく、神奈川県・伊勢原市に集まった若者たちの青春ストーリーだ。この度、本作劇中で使用される、誰もが一度は耳にしたことがあるエモーショナルな全7曲のタイトル情報が解禁された。




本作ともオーバーラップするのが、Something ELseがTVの番組企画で過酷な合宿生活の末に生まれた1998~99年に大ヒットした『ラストチャンス』。そして歌の中に本心を隠した斉藤和義の『歌うたいのバラッド』。

さらに、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』オープニング曲ともなったカヒミ・カリィの『ハミングがきこえる』、GAO『サヨナラ』、JUDY AND MARY『RADIO』、岡村靖幸の『カルアミルク』。そして、“自由や青春”について奥田民生が歌った『イージュー★ライダー』はまるで10人の生き様を表しているかのように感じられる。

そして、その名曲のカバーをインターネットラジオ「アフリラジオ」を復活させようと奮闘する10人の“ワケアリ”男子に扮するメインキャストがそれぞれ歌い上げます10人はオールナイトニッポンiにて配信中の「おしゃべや」の各ペアに分かれ、7曲の大ヒットした90年代のJ-POPソングをカバーし作品を盛り上げる。

このカバー楽曲をすべて現代風にアレンジし、劇伴を担当したのはアニメ『あかねさす少女』や『NOBLESSE-ノブレス-』、『ロボマスターズ』、『JAZZ-ON!』などを手掛けている作曲家・成田旬。今回の解禁では、まだ楽曲タイトルのみの解禁となる。




★歌唱ペア・楽曲紹介
全員(10 人) 「イージュー★ライダー/奥田民生」(1996)
アクト役・西銘駿×ニガリ役・飯島寛騎 「ラストチャンス/Something ELse」(1998) 「歌うたいのバラッド/斉藤和義」(1997)
ディジェ役・ゆうたろう×セルガ役・板垣李光人 「ハミングがきこえる/カヒミ・カリィ」(1996)
コーシ役・橋本祥平×マクロ役・深澤大河 「サヨナラ/ GAO」(1992)
クッパ役・阿久津仁愛×ミュート役・井阪郁巳 「RADIO/JUDY AND MARY」(1994)
バントー役・立石俊樹×ジム役・醍醐虎汰朗 「カルアミルク/岡村靖幸」(1990)



■『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』
【キャスト】アクト:西銘駿 ニガリ:飯島寛騎 クッパ:阿久津仁愛 ミュート:井阪郁巳 コーシ:橋本祥平 マクロ:深澤大河 ディジェ:ゆうたろう セルガ:板垣李光人 バントー:立石俊樹 ジム:醍醐虎汰朗
田中真弓(特別出演) イッセー尾形


(C)2021「雨降ラジオ」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)