横山裕主演舞台『マシーン日記』サカナクションが舞台音楽に初参加

映画・舞台 公開日:2020/11/26 18
この記事を
クリップ

奇才・松尾スズキの代表作『マシーン日記』が、横山裕主演×大根仁演出で甦る。この度、ビジュアルが解禁。そして、サカナクションからメンバー4人が音楽を手掛けることが決定した。


2021年2月3日(水)から27日(土)まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、3月5日(金)から15日(月)まで京都・ロームシアター京都 メインホールにて上演されるCOCOON PRODUCTION 2021『マシーン日記』。 


この度、本作のビジュアルがついに完成、そして、音楽をサカナクションから岩寺基晴、江島啓一、岡崎英美、草刈愛美の4人が手掛けることが決定。


2020年よりBunkamuraシアターコクーン芸術監督に就任した松尾スズキが、“今”をときめく話題のクリエイターたちを自ら指名し、過去の松尾作品を“新演出”で甦らせるシリーズ第2弾として上演する『マシーン日記』。1996年の初演以降何度も再演され、パリ公演も実現した松尾作品初の海外公演であり代表作のひとつ。


今回演出に指名されたのは、放送中の話題のドラマ『共演NG』(TX)の監督・脚本を務めるなど、いま注目の映像ディレクター大根仁。ドラマ『演技者。』(03・CX)でも『マシーン日記』の演出を手掛けたことがある大根が、シアターコクーンに初登場する。


主演を務めるのは、歌手としてはもちろん、俳優としても映画やドラマ、舞台で活躍する関ジャニ∞の横山裕。共演に、名バイプレイヤーの大倉孝二、若手注目株のカメレオン女優森川葵、さらに、名立たる演出家達が絶大な信頼を寄せる秋山菜津子と、一癖も二癖もある俳優陣が結集した。町工場を舞台に展開する歪んだ日常。男女4人が織りなす、おかしくも切ない、そして狂気とも感じる究極の愛の形をご堪能いただきたい。


この度、公開されたビジュアルでは、物語の舞台となる「町工場」から連想させるメタリックな雰囲気をベースに、本作品からイメージを受けたモチーフやキーワードと共に登場人物4人をコラージュ。これまで上演されてきた『マシーン日記』とは一線を画す大根版ならではのキャッチーな世界観を表現している。


サカナクションのメンバー4人が音楽を手掛けることが決定

本作の音楽を手掛けるのは、サカナクションから岩寺基晴、江島啓一、岡崎英美、草刈愛美 の4人。2007年にメジャーデビュー後、文学性の高い歌詞とノスタルジーあふれるメロディで、常に話題を呼んでいるサカナクション。独自のスタイルを確立し高い評価を得ている現在の音楽シーンを代表するロックバンドから、メンバー4人が、演出の大根たっての希望で本作への参加が決定。舞台作品の音楽を初めて手掛ける。サカナクションが主題歌および劇中音楽を担当し、第39回日本アカデミー賞最優秀音楽賞をロックバンド史上初受賞した映画『バクマン。』(監督:大根仁)以来の大根との最強タッグが、再び実現する。


サカナクションコメント    

とある番組でご一緒した際、「次にやる舞台の音楽どうしようかと思ってたんだけど、いい人いた」と大根さんから直接今回のお話をいただきました。きっかけは、いつどこでやってくるかわからないな、と思いつつも、また一緒にお仕事が出来ること、とても楽しみにしています。メンバー共々舞台の音楽は初挑戦ですが、大根さんと出演者の皆さまが作る新しい「マシーン日記」という作品の一端を僕たちの音楽で担えたらと思っています。

江島啓一(サカナクション)






※本記事は掲載時点の情報です。