実写版『ムーラン』人気女優の出演が明らかになるシーン解禁、ほんの一瞬に大きな思い

映画・舞台 公開日:2020/11/20 4
この記事を
クリップ

『美女と野獣』『アラジン』など数々の実写映画を次々とヒットさせてきたディズニーが贈る、誰も観たことのないファンタジー・アドベンチャー『ムーラン』が、本日11月20日(金)よりMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売(※デジタル配信中)。発売を記念して、MovieNEXに収録されるボーナス・コンテンツから、アニメーション版『ムーラン』のムーラン役の声優を務める人気女優ミンナ・ウェンのカメオ出演が明らかになるシーンが解禁された。



ニキ・カーロ監督は、アニメーション版『ムーラン』とその声優ミンナ・ウェンの演技に対して「傑作です」と大絶賛し、彼女に実写版『ムーラン』にも是非出演して欲しいとオファーしたと語る。また、ウェンが出演しているシーンでは「この瞬間にバトンが渡されます。偶像から新しいムーランへ」と、ほんの一瞬のシーンに込めた、アニメーション版から実写版へ引き継がれる大きな思いやその意味についても語っている。


オリバー・ストーンが製作総指揮、アジア系俳優が主要キャストを占めたハリウッド初の映画「ジョイ・ラック・クラブ」(93)で名を馳せ、その後も映画や TV ドラマ、声優として活躍してきたウェン。近年では、マーベル・シネマティック・ユニバースの代表作「アベンジャーズ」シリーズのスピンオフ・ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シリーズでメリンダ・メイ役として、そしてディズニープラスで配信中の『マンダロリアン』のシーズン1にもスナイパー役で登場するなど、アジア系俳優の代表格と言えるほどの幅広い活躍で注目されている。


そんなウェンだが、「(アニメーション版の)ムーラン役に決まった時は興奮しました。今回も出演出来て光栄です。この物語は人々に影響を与えました。古くから伝わる英雄的少女の素晴らしい物語です」と、“中国版ジャンヌ・ダルク”とも言える「ムーラン」に込めた、ひと際熱い思いを笑顔で語っている。


今回発売されるMovieNEXには、この「カメオ出演」ほか、スタッフ、キャストのインタビューを集めた「新しい挑戦」や悪役たちにフォーカスした「力強く美しい悪役たち」、主演のリウ・イーフェイが歌う「♪ リフレクション by リウ・イーフェイ」など、貴重なボーナス・コンテンツが多数収録されている。



■『ムーラン』
MovieNEX発売中/デジタル配信中
© 2020 Disney
発売/ウォルト・ディズニー・ジャパン

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)