岩田剛典&新田真剣佑 初共演作で感情爆発演技の応酬、本予告映像解禁

映画・舞台 公開日:2020/11/17 2
この記事を
クリップ

岩田剛典と新田真剣佑が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメント、映画『名も無き世界のエンドロール』(2021年1月29日公開)より、本予告映像と、須田景凪が書き下ろした主題歌『ゆるる』の音源が解禁された。


何よりも強い絆で結ばれた幼馴染みのキダとマコト。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だが実はそれは、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった―。

穏やかで優しい性格でありながら裏社会に入り、いくつもの危ない橋を淡々と渡っていくキダ役に岩田剛典。キダの力を借りながら会社経営者となり、頭脳と情熱を注ぎ込みのし上がっていくマコト役を新田真剣佑。今や若手俳優の中でも傑出した存在感を誇る2人の初共演が実現。互いになくてはならない表裏一体のバディを熱演し、観る者の心を鷲づかみにする。物語のカギを握る2人のヒロイン役には山田杏奈、中村アン、また、石丸謙二郎、大友康平、柄本明などベテラン勢も集結。原作は、2012年「小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫の同名傑作小説(集英社文庫刊)。監督は『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などを手がけてきた佐藤祐市。2021年最大の衝撃サスペンス・エンターテイメントが、ここに誕生した。

この度解禁された予告映像では、美しい海辺の街で青春時代を謳歌するキダ(岩田剛典)、マコト(新田真剣佑)、ヨッチ(山田杏奈)の幼馴染たちの映像から始まる。友達想いのキダと、いたずら好きなマコト、そして寂しがりやのヨッチ。孤独な3人が支え合いながら懸命に生きる、かけがえのない小さな世界がいつまでも続くと思っていた―。

しかし、キダとマコトの不穏な表情とともに映像の雰囲気は一転し、スリリングに展開していく。裏社会で交渉人となったキダと表社会でのしあがったマコト。二人の目的はただひとつ、マコトが政治家令嬢でモデルのリサ(中村アン)にふさわしい男になり、彼女にプロポーズすること。


その目的をまさに果たそうとするシーンから、「何でなんだよ!」「気になってしょーがねーんだよ!!」と絶叫まじりに怒鳴り合うキダとマコトの二人をはじめ、ある場所に向かって疾走するキダの姿、そしてマコトとリサが揉み合いながらリサが「頭おかしいんじゃないの!」と叫ぶシーンなど各キャストが全身全霊で演じた感情爆発演技が収められている。

二人の姿からは、“秘められた覚悟”と怖いくらいの“執念”がにじみ出ており、悲しそうな表情で佇むヨッチの存在にも注目だ。10年もの月日を費やし、日本中をも巻き込んだ壮大な計画に秘められた願いとは!?ラスト20分で描かれる真実に更なる期待が高まる映像になっている。


さらに本映像では、10代~20代を中心に絶大な支持を集め、今最も注目される若手シンガーソングライターの須田景凪(すだ・けいな)が本作のために書き下ろした主題歌『ゆるる』の音源も初公開。それぞれの想いが交錯し、衝撃のエンドロールに向かっていく疾走感あふれる映像に、須田のエモーショナルな歌声が彩を添える。主題歌『ゆるる』を聞いた岩田剛典は「こんなにも、映画の世界観を表現していただけるなんて、思ってもいなかったです。キダの気持ちを代弁してくれている歌詞でもあるので、エンドロールで流れるとき、映画の余韻を曲と一緒に楽しんでもらえると思います。」とコメント。衝撃のエンドロールを目撃した直後の観客の心を優しく包み込むような一曲に仕上がった。

『名も無き世界のエンドロール』は、2021年1月29日(金)、全国公開される。

<岩田剛典 コメント全文>

―岩田さんが本作を観終わったときに感じた率直な感想は?
一言では言い表せないような、切なさと、幼なじみ同士の強い友情に感動しました。とにかく面白かったので、ストーリーが分かった上で見ても細かい演出が鮮やかで見事だったので、何度観に行っていただいても見応えのある、素晴らしい作品ができたと思います。

―ラスト20分の怒涛の展開が見所の本作ですがあのシーンを演じられていて意識したことは?
この作品はラスト20分の真実、というのがひとつのキーワードになっている作品でもあるので、そのラストシーンを楽しんでいただくために、それまでのシーンが全て積み重なっている、そういうストーリー展開になっています。ラストシーンは自分自身でも思い出深くて、撮影前の緊張感や、自分だけでなく、皆でいいシーンに仕上げようという現場の緊張感が、ストーリーの緊張感ともマッチした撮影になったので、ぜひ劇場で体感してほしいと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)