映画『さくら』北村匠海 小松菜奈 吉沢亮揃って舞台挨拶「顔⾯が強いな」

映画・舞台 公開日:2020/11/14 19
この記事を
クリップ

原作は累計60万部を突破する直⽊賞作家・⻄加奈⼦の同名⼩説。サクラと名付けられた1匹の⽝と5⼈の家族の物語で、11⽉13⽇より全国74館で封切られた映画『さくら』。


14⽇には公開を記念し、新宿ピカデリーにて舞台挨拶が行われた。本作で兄弟妹役を演じた北村匠海、⼩松菜奈、吉沢亮、そして⼩松の友⼈役を演じ、本作にて映画初出演を果たした⼩林由依、⽮崎仁司監督、そして愛⽝サクラを演じた⽝のちえが登壇した。 


北村は満席の観客席を⽬にし「遂に、間を空けずに座られたみなさんを前に、舞台挨拶に⽴ててすごく嬉しいです」と笑顔を⾒せる。 ⼩松も「⾃分が2020年に携わった作品でお客様が⼊っての舞台挨拶は今⽇が初めてなので、“ただいま”という安⼼感を得ています」と、吉沢も「こうやってお客様が⼊っての舞台挨拶は久々な気がして、少し緊張してますが、楽しんでください」と、それぞれが感激しながら挨拶した。 


北村は、兄弟妹で共演した⼩松、吉沢と揃っての舞台挨拶に「顔⾯が強いなと。濃いなという感じがありました」と会場の笑いを取った後で「3⼈で会うと、あの時、ああだったなという撮影の空気感や思い出が蘇る感覚があります」と、⼩松たちと顔を⾒合わせた。 ⼩松は2⼈との共演について「最近、メイキング映像を観させてもらったんですが、私たちは本当に楽しそうにやっていたんだなと。夜の撮影も多く、深夜ならではの変なテンションになっていて、今思えば全然⾯⽩くないことも全部⾯⽩く感じていました」と⾔うと、北村も「⾯⽩かったね」とうなずく。吉沢も「いつも菜奈ちゃんは、撮影が終わった後「おつカレーライス」と⾔って帰っていくんですが、それで僕たち2⼈も「おつカレーうどん」「おつカレーそば」とか、よくわからない感じで⾔ったりしていました」と⾔うと、北村も「今聞いても全然⾯⽩くないけど、当時はめちゃくちゃ⾯⽩かった」と3⼈で笑い合った。 吉沢も現場について「スケジュールがきつい部分もありましたが、そのなかで、お⽗さんお⺟さんを含め、家族としてすごくいい空気感 でやれてました」と語る。 


⼩林は、オーディションで美貴の親友・⼤友カオル役に選ばれた。「初めての映画出演で、こんなに豪華な、いつもテレビで観ていたみなさんとご⼀緒させていただくということで、本当に緊張しました。撮影現場がウソのような夢⾒⼼地ではあったんですが、すごくいい刺激をいただきました」と紅潮しながらコメント。 ⼩林との共演シーンについて⼩松は「バスケのシーンは撮影に⼊る前に2⼈で練習して息を合わせたり、⼼と⼼で通じ合うシーンもたくさんあったりして、アドリブもけっこう多かったので、⼀緒にお芝居を考えていきました」と撮影を振り返った。 


⽮崎監督は、原作の魅⼒について問われると「僕は「愛が動機なら、やってはいけないことなんて何ひとつ、ない」という⾔葉を胸にずっと映画を撮り続けてきました。原作にはそこが書かれていた。最後に本を閉じた時、すごく温かいものがきて……」と、感極まって涙で声を詰まらせ「それをみんなに伝えたいと思って作ったんですが、きっと今、みなさんもちょっと温かいものを感じてくれていたら嬉しいです」と感涙する。監督は、映画が完成した喜びをかみしめていたようで「みんなのおかげです」と⼼から感謝した。 薫役とナレーションの両⽅を担当した北村は「まさしく監督も感じられたという、なんともいえない温かい愛情を込められればいいなと 思い、薫役を演じるうえで、主観性と俯瞰性を⼤事にしました」と⾔い、 「撮影が終わって、そのまま仮りでナレーションを撮った時は、 けっこう感情が⼊ってしまって、⾳声さんと僕とでやりながら泣いてしまいました。その後、観てくださる⽅たちの⽬線を意識して録り直したんです。監督が、⾃分の声がすごくいいとおっしゃってくれたので、そこは⾃信を持ちながらやりましたが、⼀⼈で勝⼿に映画を振 り返られる優越感も感じました」と続けた。 


その後、理想の年末年始の過ごし⽅について尋ねられた北村たち。 ⼩松が「お正⽉は何も考えずに過ごしたい。お笑いを⾒て笑って、おいしいものをいっぱい⾷べて寝て、⾷べて寝てという泥みたいな ⽣活を送りたい」という願望を⼝にすると、吉沢も「⾷べて寝て酒呑んで」と同意し「地元に帰って、⼩中学校の友達と安い居酒屋で朝まで呑んで、終わってからラーメンを⾷べて、ぶくぶく太る⽣活をしたいです」とおちゃめに⾔って笑いを取った。 北村も「僕も泥のような⽣活を。この三兄弟はきっと泥のような年末年始を過ごすのかなと(笑)」と続け「年末は⾳楽イベントとかに⾏きたいです。去年はCountdown japanに出ていたので。でも、翌⽇からは、はいつくばるような毎⽇というか、泥のような ⽣活を送れたらと」と⾔うと、⽮崎監督が「餃⼦を⾷べるのを忘れてませんか︖」と、劇中で⻑⾕川家がお正⽉恒例として家族総出で餃⼦を作って⾷べるシーンを引き合いに出す。北村は「確かに。気が利かなかった」と苦笑した後で「今年の正⽉は、餃⼦を⾷べます」と宣⾔した。 


その後、劇中でサクラ役を演じた⽝のちえが登場。兄弟妹のなかでは、吉沢に⼀番なついていたそうで、吉沢が「今、覚えてくれてるのかわかんないな。ちえちゃん」と呼ぶが、⼤勢の観客を⽬の前にして、ちえは緊張気味の様⼦。 吉沢は、ちえとの共演シーンについて「本当にすごかった。彼⼥の動き1つでシーンが変わる。芝居が上⼿い。みんなで卒業アルバムを覗くシーンは完璧だった」と感嘆したそう。⼩松は「動物との撮影は今までになかったので、ちょっと不安な部分があったのですが、 それはすぐになくなりました。サクラに助けてもらったし、⾮常に頼もしかったです」とちえを称えた。 北村も「サクラが、僕ら5⼈を(いい意味で)振り回してくれた。近寄ってきたかと思ったら、すっとどこかへ⾏っちゃったりして。僕なんかカーストが低いほうで、すぐに亮くんや永瀬(正敏)さんのほうへ⾏っちゃう(苦笑)。僕は芋をあげないと来てくれなかった」と笑いながら、撮影時のエピソードを明かした。 


⽮崎監督は、サクラを含めて⻑⾕川家について「作り上げていくというよりは、みなさんが家族になっていたので、僕は窓の外からよその家庭を覗くような感じて⾒ていました。本当に素晴らしかったです」と賛辞を送った。 


最後に、それぞれがメッセージを送った。吉沢は「この映画は、家族ものの中でもすごく斬新というか、残酷さやいろんな感情がぐちゃ ぐちゃと流れています。でも、根本にあるのは愛なんだと刺さるものがたくさんある映画だと思います」とアピール。 ⼩松も「映画を観て思ったことは、何か⾟いことがあった時も、楽しい時も、何も変わらずそばにいてくれるのが動物で、その存在の ⼤きさに改めて気づかされました。愛おしい⻑⾕川家を何度も劇場で観てもらえたら嬉しいです」とコメント。 北村は「この家族は、最初、笑顔に溢れた普通に幸せな⽇々を過ごしていたけど、いろんなことが起こり、愛という形が崩壊してしまうけど、また再⽣していく。家族の形って⼈それぞれですが、⾃分を産んでくれた⺟や⽗、兄弟妹をはじめ、友達、恋⼈など、いろ んな⾝近な存在を改めて感じれる作品になったかなと。いつまでも温かいものが胸に残る作品になればと思っています」と締めくくった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)