杉野遥亮の「結婚したい」発言でお祝いムード、小澤征悦慌てる「役柄の話だよね?」

映画・舞台 公開日:2020/11/13 18
この記事を
クリップ

13日、都内で行われた主演映画『水上のフライト』初日舞台あいさつに、主演の中条あやみ、共演の杉野遥亮、小澤征悦、脚本を担当した土橋章宏氏、メガホンをとった兼重淳監督が出席した。

【関連インタビュー】杉野遥亮 コンプレックスは意外なことに「沢山ある」


本来は6月に封切らえる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。ようやく初日を迎えることができ、中条は「いまこうして劇場で公開されると思うと本当にうれしい。いまうるっとしそう。胸がいっぱい」と感無量だった。


本作『水上のフライト』は、日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞の「超高速!参勤交代」シリーズなどで知られる土橋氏が脚本を担当。実在するパラカヌー選手との交流を通じて作り出したオリジナル作で、将来を期待されていた走り高跳び選手の遥が不慮の事故に遭って歩けなくなるも、パラカヌーという新たな夢を見つける…というストーリー。杉野は遥を支えるエンジニアの颯太、小澤はカヌー教室を運営する宮本を演じた。


中条が演じた遥と、杉野が演じた颯太は「今後恋愛関係になると思う?」と質問されると、中条は「誰とも心を打ち解けることができなかった遥は、幼馴染を亡くしていて痛みがわかる颯太を頼る部分があったと思う。個人的にはそのまま結婚してほしいな」と回答。杉野も「僕だったら恋しているなって。結婚したいですね」と続くと、会場は「ふぅ~」とお祝いムード。すると小澤が「ちょっと待って、いま役柄の話だよね?」と慌てていた。


「誰にも負けない特技」について話題がおよぶと、中条は「私は目がいい方。遠くまで見ることができる」と豪語し、会場の最奥に座るファンが掲げるボードの文字を読み上げ「色んな想いが見えて楽しい」と笑顔。「人の良いところをすぐに言える」という杉野は「監督はお父さんみたい。土橋さんは天然でキュート。中条さんは笑顔。小澤さんは……」と詰まると、小澤は「なんかあるだろ!」とすかさずツッコんだ。


小澤は「家族を思う気持ち」と答えると、「両親とお姉ちゃんがいるんですが、半分鬼になっても全力で助けようと思う。口に竹みたいなやつをくわえて…」と『鬼滅の刃』ネタで笑わせた。さらに「(劇場版を)まだ観てないんですが、杉野がいきなり『最後こうなってこうなるんです!』ってネタバレしてきた」と恨み節で暴露すると、杉野は「(話題を)共有したくて…」と笑いながら反省していた。


▼あわせて読みたい 杉野遥亮オリジナルインタビューはこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)