小越勇輝、共演シーン無しのヒロインを命掛けで守る「好きになりました」

ドラマ『弱虫ペダル』(BSスカパー!)や2.5次元舞台『テニスの王子様2ndシーズン』で脚光を浴び、ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)やドラマ『FLY!BOYS,FLY!~僕たち、CAはじめました』(CX)、映画『劇場版ドルメンX』など続々と話題作に出演し、注目を集めている俳優・小越勇輝。無観客収録でのワンショットドラマ『キ上の空論 うちの鼠は沈む船を見捨てぬ。』がVimeoにて11月に有料配信予定。そして、大人気シリーズ『人狼ゲーム』の実写化第8弾『人狼ゲーム デスゲームの運営人』(11月13日公開)では、映画初主演を務める。


原作・脚本・監督は、『人狼ゲーム』シリーズ原作を手掛け、『人狼ゲーム』の全てを知り尽くした川上亮。川上の監督デビュー作となる本作では、シリーズ初の男性主演として小越を迎え、生死を掛けたリアル人狼ゲームの「運営本部」に初めてフォーカスを当てる。


映画“初”主演・“初”の男性主演・“初”の運営側視点、さらには原作者の“初”監督作品と“初づくし”の今作について、小越に意気込みや撮影エピソードを聞いた。


──『人狼ゲーム デスゲームの運営人』はシリーズ初の男性主演作で、小越さんにとっても映画初主演作となります。出演が決まったときはどのように思いましたか。

驚きでした。以前から『人狼ゲーム』シリーズには自分も参加したいと思っていたんですが、まさか自分が主演で参加できるとは思っていませんでした。初の男性主演、そして今回は運営側の人たちにスポットが当たるっていうことへの驚きもありましたね。


──本作は「人狼ゲーム」のすべてを知り尽くしたシリーズ原作者・川上亮さんの監督デビュー作でもありますが、川上監督の印象はいかがでしたか?

ご自身の作品ということもあって、熱とこだわりを持って撮影に挑んでくださいました。撮影に入る前から「やりづらいことがあったら何でも言ってね」「言いづらいセリフがあったら変えられるから」とおっしゃってくださるなど、すごく寄り添って演じやすい環境を作ってくださいました。


──原作者自らメガホンを取るということで、お会いするまではプレッシャーもあったんでしょうか。

監督に対するプレッシャーよりも、オファーを受けた驚きとうれしさのあとに、自分がこの作品を主演でやらせてもらうというプレッシャーがすごくありました。でも自分ひとりでは作品は完成しないので、川上監督やスタッフの皆さん、キャストの皆さんと一緒により良い作品を作っていこうという気持ちを持つように心がけました。


【写真もっと見る】神ビジュアル!撮り下ろしカット(全42枚)


【次ページ】共演シーン無しのヒロインを命掛けで守る「好きになりました」

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 42件)