乃木坂46与田祐希の強烈キックに犬飼貴丈が本音…?「あんまり遠慮しないよね」

映画・舞台 公開日:2020/11/04 4
この記事を
クリップ

映画『ぐらんぶる』が本日からダウンロード先行販売を開始。それを記念し、メイキング映像の一部が初解禁された。



今回初公開されたメイキング映像では、本作でヒロイン役としてスクリーンデビューを飾った与田祐希(乃木坂46)に、主演の竜星涼と犬飼貴丈が優しくアドバイスしたり、与田の演技をしっかりと受け止める様子が映し出されている。


普段は清楚なアイドルの与田だが、今回はそんなアイドルの殻を破るような演技にも挑戦。

文化祭のシーンで、与田演じる古手川千紗が犬飼演じる今村耕平に蹴りを入れる場面では入念な練習を重ね、本番では与田が犬飼に強烈キックを披露。これには犬飼も大きなダメージを受けたようで、しばらくマットに仰向け状態に。


思いもよらない本格キックに、周囲からも思わず笑みがこぼれるが、スタッフから「大丈夫ですか?」と聞かれると、すかさず「大丈夫です!」とフォローする優しい犬飼。


監督が「微妙に達成感のある顔していたよ」と与田に笑いながら話しかると、それを受けて犬飼も「あんまり遠慮しないよね」と笑顔で冗談交じりに本音をポロリ。和やかで楽しい雰囲気の現場であることが窺える。


与田はインタビューの中で「空気も明るいし見ていて面白いので、私も楽しみながらやっています」と答えており、映画初出演ではあるが、リラックスして撮影に臨むことができていたようだ。


さらに、千紗が竜星演じる北原伊織に”毒霧”をお見舞いするシーンでは、与田が最初は上手くできず、毒霧が得意(?)だという竜星から習ったというエピソードも。「水を上に、口は下。後は吹くだけ」と優しく教える竜星。そんな竜星の”神対応”のおかげで本番はしっかりと毒霧を披露することできたようだ。


主演2人が作りだす明るい撮影現場の雰囲気とキャスト、スタッフのチームワークが垣間見えるメイキングとなっている。そんな舞台裏を知ったうえで、ぜひ改めて本作をチェックしてみてはいかがだろうか。





■『ぐらんぶる』
ダウンロード販売中、デジタルレンタル中
2020年12月16日(水)ブルーレイ・DVD セル&レンタル開始
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
(c)井上堅二・吉岡公威/講談社 (c)2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)