『怪盗探偵山猫』舞台化、主演は「おそ松さん on Stage」などで活躍する北村諒

映画・舞台 公開日:2020/11/02 12
この記事を
クリップ

神永学原作の小説『怪盗探偵山猫』シリーズ(KADOKAWA/角川文庫刊)が2021年1月に『怪盗探偵山猫 the Stage』として舞台化され、北村諒・和田琢磨・赤澤燈・徳山秀典ら豪華キャストの出演が解禁となった。さらに、主演の山猫を演じる北村諒のティザービジュアルも公開された。



『怪盗探偵山猫』は「心霊探偵八雲」シリーズなどでも絶大な人気を誇る神永学の小説シリーズ。鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る天才怪盗“山猫”の活躍を描く、痛快ピカレスク・アクション・ミステリーだ。シリーズの累計発行部数は90万部を記録しており、2016年1月には日本テレビ系列にて『怪盗山猫』のタイトルでTVドラマ化もされ、大きな反響を呼んだ。

今回『怪盗探偵山猫 the Stage』で主役の天才怪盗・山猫役を演じるのは『おそ松さん on Stage』や舞台『憂国のモリアーティ』など、数々の人気舞台で活躍中の北村諒。事件を追う刑事・霧島役には、舞台『刀剣乱舞』やドラマ『CODE1515』で安定した演技力を見せる和田琢磨。


事件の真相を暴くため山猫と行動を共にする雑誌記者の勝村役には『MANKAI STAGE『A3!』』や『舞台 機動戦士ガンダム00』で大人気の赤澤燈、そして長年山猫を追い続ける警視庁のエリート刑事を、舞台『剣が君 残桜の舞』やTV『仮面ライダーカブト』など幅広い活躍を見せる徳山秀典が演じることが決定し、名実兼ね備えた豪華キャスト陣が顔を揃えた。

さらに、北村扮する山猫のティザービジュアルも公開された。不敵な笑みと引き込まれるような目元が印象的な本ビジュアルは、原作で描かれる山猫の持つ飄々として掴みどころのない雰囲気を捉えた、洗練されたビジュアルとなっている。

また、メインキャスト4名と原作者・神永学からのコメントも到着。主演を務める北村は「魅力的な山猫を演じられるよう精一杯努めたい」と意気込みを見せ、原作では女性として描かれていた霧島を舞台版では男性キャラクターとして演じる和田は「舞台ならではの男性の霧島の魅力も引き出せるように努めていきたい」と自身の役どころに意欲を滲ませた。勝村役の赤澤は「(勝村は)個人的に好きなポジションなので今から稽古が楽しみ。演劇の力でこの作品を更に魅力的な作品できれば」と熱意を見せ、徳山は「1から少しずつ役を作っていこうと思います。幼い頃は警察官と『消防車』笑になることが夢でしたので嬉しく思っております」と喜びのコメントを寄せた。

原作者の神永学は“山猫から”のコメントとして「天才窃盗犯である、おれ様の活躍を舞台化するらしいな。大いに結構!!ただ、これだけは忘れるな。こんな時代だからこそ、日頃の鬱憤を晴らすような、ど派手なエンターテイメントに仕上げてくれ。観客を悲しませたりしたら、おれ様が、お前らの金庫の中身を空にしてやる。」と山猫らしい応援で舞台化へのエールを送った。

『怪盗探偵山猫 the Stage』は、2021年1月21日(木)~31日(日)にヒューリックホール東京にて全15公演を予定している。チケットは本日より開設された公式HPにて、オフィシャルHP最速先行を受付中。また、公式Twitterでは舞台化決定の特報PVも公開中だ。今後の最新情報やチケット情報は『怪盗探偵山猫 the Stage』の公式HP・公式witterにて時随発表予定。

<山猫役:北村諒 コメント>
『怪盗探偵山猫』舞台化、おめでとうございます!山猫を演じます、北村諒です。神永学先生の人気シリーズということで、すでにドラマ化もされていますが、舞台でも魅力的な山猫を演じられるよう精一杯努めたいと思います。楽しみにしていてください!

<霧島役:和田琢磨 コメント>
『怪盗探偵山猫 the Stage』で霧島を演じます和田琢磨です。原作では女性として描かれている霧島が舞台では男性として登場します。舞台ならではの霧島の魅力も引き出せるように努めていきたいと思います。劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)