関ジャニ∞大倉忠義、コロナ感染後、初の観客前で「万全の体調に戻りました」

映画・舞台 公開日:2020/10/30 8
この記事を
クリップ

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台挨拶が30日、都内で開催され、関ジャニ∞の大倉忠義と行定監督が登壇。大倉にとっては新型コロナウイルス感染後、初のお客さんの前への登場となるが「ご心配をおかけしましたが、万全の体調に戻りました」と笑顔で報告した。



本作は、水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」の2作品をもとに行定監督が実写映画化。大倉扮する大伴恭一と、彼に恋する後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)のジリジリとした恋愛模様を描く。


9月11日の劇場公開以来、もうすぐ2カ月となるが大倉、成田の二人の切ない芝居は大きな反響を呼んでいる。行定監督は「何度も観たという声を聞きました」と周囲でも反響があったことを明かすと「ラブストーリーに特化した作品。僕は二人を客観的に見つめている感覚で撮ったのですが、観客が主観的に見てくださっているなという感じがあります」と感想を述べる。


大倉自身も「恭一はこうなんじゃないか、今ヶ瀬がこういう気持ちなんだろう……と皆さんがいろいろ想像してくださっている」と作品にのめり込んでいる人が多くいることを実感していると述べると「奥深い作品に携わらせていただけたんだなと。自分で言うのもなんですが、代表作になればいいなと思っています」と笑顔を見せた。


以前のイベントで成田が“大倉愛”を力説していたが、そのことについて大倉は「僕も好きなんですけれどね」と言いつつも「でも好き好き言われると、恥ずかしくなってしまうんですよね」と照れ笑い。


【写真もっと見る】大倉忠義全身カット

イベント後半では、行定監督から大倉へ「良い出会いができた」とねぎらいの手紙が送られると、大倉は「思い返すといろいろなことがありました。僕らグループもいろいろなことがありましたね」としみじみ。続けて「行定さんと出会えたことも大事な縁でしたし、成田くんともまた共演したいと話していました。もちろん行定監督ともご一緒できることを期待しています」と語っていた。


最後に大倉は「多くのものが消費されていく世の中で、なにか残っていくものに参加できて幸せでした」と語ると、行定監督も「大変なことがたくさんあり、僕にとって忘れられないような2020年。そんな年にこの映画が公開できて、皆さんに届いてくれたことに感謝しています」と深々と頭を下げていた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)