井ノ原快彦×KREVA×やついいちろう『461個のおべんとう』劇中バンドのライブ写真解禁

映画・舞台 公開日:2020/10/31 15
この記事を
クリップ

11月6日(金)公開の映画『461個のおべんとう』より、劇中バンド 「Ten 4 The Suns」のライブシーンを映し出した場面写真が公開となった。


【関連】井ノ原快彦、“息子”道枝駿佑を絶賛「いい意味でこちらに気を使わせない」


本作は、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)を映画化。

本作の主人公、ミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザーの鈴本一樹を演じるのは、井ノ原快彦。そして、一樹の息子、虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じる。監督は『キセキ -あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』といった心温まる話題作を撮り続ける兼重淳が務めた。また主題歌は、井ノ原快彦と道枝駿佑が歌う、原作者・渡辺俊美の作詞作曲「Lookin’4」となっており、二人のスペシャルセッションは、映画館でしか観られない、聞けないことも話題となっている。




この度、劇中バンド 「Ten 4 The Suns」のライブシーンを映し出した場面写真をWEB解禁。圧巻のライブパフォーマンスを披露するバンドメンバー3人の魅力と撮影の裏側に迫る。更に、「Ten 4 The Suns」のポスターも本情報解禁と同時に、映画公式HPで初公開された。

本作は原作者の渡辺俊美が、音楽の監修もサポートしている。劇中で一樹(井ノ原)らが演奏する4曲は、本作のために、渡辺自ら書き下ろしたもの。さらに、劇中のバンド「Ten 4 The Suns」が歌うラップ部分は、KREVAが作詞・作曲するなど、本作でしか実現できない豪華コラボレーションによって生まれた音楽に、注目せずにはいられない。この度、解禁となったライブシーンの新場面写真では、初対面から1ヶ月もしないで、20年来のバンドメンバーを演じた3人の姿を映し出している。更に、場面写真と同時に初公開となった「Ten 4 The Suns」のポスターは、『461個のおべんとう』公式HPにて公開中。一足先に彼らの魅力を堪能できるクールなポスターを、是非チェックしていただきたい。


1/2ページ