波瑠、ラブホテルのセットに大興奮「よく知らないのにリアルだと…」

映画・舞台 公開日:2020/10/26 3
この記事を
クリップ

女優の波瑠が26日、都内で行われた主演映画『ホテルローヤル』(11月13日より全国公開)の完成報告イベントに安田顕、夏川結衣、岡山天音、武正晴監督と参加した。


舞台となるラブホテルのセットは、原作者・桜木紫乃氏の実家のラブホテルをイメージして再現。そのラブホセットに波瑠は「ラブホテルをよく知らないのに、『うわ!ラブホテルだ!』と。大げさで煌びやかでなんだかちぐはぐで凄く不思議。ラブホテルをよく知らないのにリアルだ…と思わせる説得力がありました」と興奮していた。


映画の内容にちなんで「心が満たされる瞬間」について聞かれた波瑠は「お腹が満たされると心も満たされる。私はお腹が空くとわかりやすく機嫌が悪くなるタイプ」と明かし「北海道の撮影ではあれもこれも食べたいと思ったけれど、時間がなくて。でもオフは楽しめました」と照れ笑い。安田は「自粛期間明けにスーパー銭湯に行って、ザバッと風呂に入ってサウナに入って垢すりもした。最高でした!」とデトックスに歓喜していた。


夏川は「自粛後に久しぶりに友達と食事をした時に、人と直接話すことがこんなに自分に幸せをもたらしてくれるのかと驚いた」とコミュニケーションの大切さ実感。岡山は「僕は匂いフェチ。コインランドリーの前を通ると一気に幸せな気分になる。夜の9時くらいに道を歩いていると下水道からシャンプーの匂いがする。それが好き」と変わった嗜好をカミングアウトしていた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)