山﨑賢人&土屋太鳳、彼らを待ち受ける“げぇむ”とは!?『今際の国のアリス』不穏な場面写真解禁

映画・舞台 公開日:2020/10/24 10
この記事を
クリップ

山﨑賢人、土屋太鳳W主演、2020年12月10日(木)に全世界同時配信予定のNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』の場面写真が一挙解禁となった。



【写真】ほかの場面写真を見る


原作「今際の国のアリス」は、2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された、麻生羽呂原作の大ヒット・サバイバル・サスペンスコミック(全18巻)。2020年10月からは、新章となる『今際の国のアリスRETRY』が「週刊少年サンデー」にて連載されている。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く。

W主演の山﨑賢人、土屋太鳳に加え、本作を支える豪華キャストには、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、栁俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗といった個性豊かな実力派俳優陣が集結している。




今回到着した場面写真は、森の中で2人でしゃがみこみ、何かに驚いているようなアリス(山﨑)の姿や人のいない渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンに映し出される「ようこそプレイヤーのみなさま まもなく【GAME】を開始します」の文字の前に、呆然と立ち尽くすアリスとチョータ(森永)とカルベ(町田)。さらには、首輪のようなものをつけられたアリスが動揺しているカットなど、不穏な空気が映し出されている。

生き残りをかけた極限状態の中で、信じあい支え合って生きようとするアリスたち前にどんな“げぇむ”が立ちはだかるのか。見る人に生きる希望を与える、新感覚のサバイバルドラマ『今際の国のアリス』は2020年12月10日(木)、Netflixにて全世界独占配信。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)