『ハリー・ポッター』初の3D化と“体感型”4D上映決定、小野賢章「僕もまた観に行こうかな」

映画・舞台 公開日:2020/10/22 2
この記事を
クリップ

ワーナー ブラザース ジャパンは、2021年に映画『ハリー・ポッター』シリーズが20周年を迎えることを記念して、この秋より『ハリー・ポッター』および『ファンタスティック・ビースト』のアニバーサリー企画をスタートする。


【関連】金曜ロードSHOW!宮野真守、ファンタビ地上波初放送に「本当に本当に嬉しい」


世界中で愛され、現在も人々を魅了し続けている、J.K.ローリングにより生み出されたファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズは、1997年に第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』が発売されてから瞬く間にベストセラーとなり、現在までに80言語に翻訳され、日本では1999年に初めて出版された。2001年には映画『ハリー・ポッターと賢者の石』、翌年に映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が公開、その後、2011年までに全8作が製作され、大ヒットシリーズとなった。




映画20周年の様々なアニバーサリー企画の一環として、『ハリー・ポッター』シリーズ第1作の『ハリー・ポッターと賢者の石』が初の3D化されることが決定した。しかも今回は映像に合わせて振動、煙、風、水しぶきなど感覚を刺激する特殊効果が味わえる「体感型」4Dでの上映。3Dと4Dの融合で、まるで作品世界に入り込んだような臨場感を最高に楽しめる体験ができる。上映初日の11月6日(金)より、先着数量限定入場者特典として【映画20周年オリジナルステッカー】の配布(3万枚先着)も決定している。

また、「ハリポタ」シリーズの主人公ハリー・ポッターの吹き替えを担当した小野賢章からコメントが到着。世界中から愛される主人公ハリーと出会ってからの20年を「感慨深い」と振り返る小野は初の3D化と“体感型”4D上映に「既にご覧になられた方にもまた違った体験が待っていると思います。僕もまた観に行こうかな」と大きな期待を寄せている。



11月6日からスタートする『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3Dでの“体感型”4D上映が、ファンタスティックなハリー・ポッターイヤーの幕開けにふさわしい立ち上がりになる。

<小野賢章 コメント>

公開からもう20年も経つなんて、とても感慨深いですね。今度は初の3D化と4D上映!という事で、すでにご覧になられた方にもまた違った体験が待っていると思いますので、是非劇場に足を運んでいただけたらと思います。僕もまた観に行こうかな。


■映画『ハリー・ポッターと賢者の石』4DX3D吹替版、MX4D3D吹替版

11月6日(金)より全国の4D劇場82館にて公開 ※一部劇場では上映開始日が異なります
キャスト:ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ (小野賢章) /ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント (常盤祐貴)/ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン (須藤祐実)/ベラトリックス・レストレンジ:ヘレナ・ボナム=カーター (高乃麗)/ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン (斎藤志郎)/ヴォルデモート卿:レイフ・ファインズ (江原正士)/セブルス・スネイプ:アラン・リックマン (土師孝也)/ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライト (高野朱華)

TM & ©2001 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights © J.K.R

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)