岡田健史「スポーツの中でも苦手」なサッカーに挑戦する姿を公開

映画・舞台 公開日:2020/10/16 3
この記事を
クリップ

公開中の映画『望み』より、岡田健史のサッカー少年姿や清原果耶の熱演シーンも収めたメイキング映像が公開された。

『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の雫井脩介が執筆時、最も悩み苦しみ抜いたという、著者渾身のサスペンス小説『望み』。読者満足度は驚異の100%(ブクログ調べ)を記録し、累計発行部数は20万部超えのベストセラー小説が満を持して映画化。監督を務めるのは、様々な分野で幅広いジャンルを手掛けるエンターテイメントの旗手・堤幸彦。主演を堤真一、家族のメンバーに石田ゆり子、岡田健史、清原果耶が集結。家族を取り巻く重要人物には、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太ら、豪華キャストが刺激的でサスペンスフルな演技合戦を繰り広げる。


そんな本作のメイキング映像が解禁。今回解禁されたメイキング映像では、学校に向かう兄・規士(岡田健史)と娘の雅(清原果耶)を見送っている、父・一登(堤真一)と母・貴代美(石田ゆり子)のシーンの裏側が明らかに。撮影中に堤監督から細かい指示を受けていた堤真一は、堤監督との初タッグについて「現場入りして、その日の撮影のイメージを伝えてくれる監督は初めてで、すごく丁寧に感じた」と語っており、石田も撮影について「順撮りで撮影がおこなわれていたので、感情の移り変わりがほんとうにリアルで見る方は1秒も目が離せない映画になるのでは」と映画の見どころを語っている。


緊迫したシーンで感情を露にしながら熱演する様子が公開された清原果耶は、これから映画を見る観客に対し「深く見入っていただけたら嬉しい。本編では本当の家族というのも描かれているので、そういったあたたかい部分にも触れてほしい」とコメントを残している。



また、高校時代は野球部の捕手として活躍していたが、本作ではサッカーに挑戦している姿が公開された岡田。実は「サッカーはスポーツの中でも苦手」と胸の内を明かしていたが、慣れないサッカーに苦戦しながらも楽しんだという。さらに、現場の印象について「スタッフの皆さんのプロ意識の高さに圧倒されて、尊敬しました。こんなすごい現場に参加することができて幸せです」と思いを述べている。

他にも、石川邸の前で家族写真を撮影している様子、堤監督が食卓での撮影中に細かい指示をしている様子も公開されている。


■映画『望み』
大ヒット公開中
出演:堤真一 石田ゆり子 岡田健史 清原果耶 加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太
配給:KADOKAWA
(C)2020「望み」製作委員会



▼『望み』過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。