尾上松也 映画初主演、今度はエリート銀行員に !ヒロインは百田夏菜子

映画・舞台 公開日:2020/10/14 5
この記事を
クリップ

尾上松也の初主演映画『すくってごらん』がギグリーボックス配給にて2021年3月に全国公開することが決定した。尾上松也演じる主人公・香芝誠の相手役となるヒロイン・生駒吉乃をももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が務めることが発表された。



【関連】『半沢直樹』出演の尾上松也、撮影秘話や知られざる “苦悩の時代” を語る



本作は思い描いていた順風満帆なエリート銀行員人生から外れ、荒んだ気持ちを抱えて左遷の地にやってきたプライドは高いがネガティブな男・香芝誠が、世界一静かで優雅なスポーツといわれる「金魚すくい」や、それを取り巻く人々と出会い、成長していく物語。


本作の主人公で“元エリート”銀行員の香芝誠を演じるのは映画初主演となる尾上松也。日曜劇場『半沢直樹』(TBS)でのIT社長・瀬名役も記憶に新しい尾上松也が、大手メガバンクの銀行員役に挑む。本作ではとある失敗で東京本社から左遷されたネガティブな主人公が、都会から遠く離れた僻地で出会った「金魚すくい」を通じて、思いもよらない成長をしていく姿を演じる。

そして香芝が一目ぼれする美女・生駒吉乃役として国民的アイドルとしてはもちろん、朝ドラ『べっぴんさん』をはじめ女優としても注目を浴びる、ももいろクローバーZの百田夏菜子が初のヒロイン役を務める。主人公が左遷初日に運命的に出会い、一目ぼれをするミステリアスな女性を演じ、今までの元気いっぱいのイメージを封印し大人の佇まいで新たな一面を見せる。



原作は世界初の金魚すくいマンガにして、日本で最も支持されるマンガ賞である<このマンガがすごい!>にもランクインした傑作マンガ『すくってごらん』(大谷紀子/講談社)。映画化を熱望していたファンも多く、今回待望の実写化となった。メガホンをとったのは、長編デビュー作『ボクは坊さん』で高い評価を受けた俊英・真壁幸紀。原作と同じ奈良県を舞台に、原作で描かれた城下町と金魚の持つ「和」の世界観を活かしながら、斬新な映像表現を駆使した優雅で華麗な新たなる物語を誕生させた。

映画『すくってごらん』は2021年3月よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。


⇒次ページ:尾上松也&百田夏菜子 コメントも到着「なんて無茶なことをしようとしているんだ」


1/2ページ