「スター・ウォーズ」の感動が蘇る、魅惑の15秒特別映像解禁

映画・舞台 公開日:2020/10/09 4
この記事を
クリップ

15秒ながらも『スター・ウォーズ』史が詰まった、2度見3度見必須の特別映像が解禁された。



全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』。本日10月9日(金)より、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がディズニープラスにて初サブスク独占配信開始された。


1977年にジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で始めた全9エピソードに及ぶスカイウォーカー家のサーガがディズニープラスでイッキ見可能に。さらに、『スター・ウォーズ』関連作である『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』といった劇場公開作品はもちろん、ドキュメンタリー作品、先日完結を迎えたTVアニメシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、今最も注目を集める『スター・ウォーズ』初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』など<31作品、375話、約150時間(10月30日より日米同時配信開始の『マンダロリアン』シーズン2全話分含む)>にのぼるラインナップが勢ぞろいした。

[STAR WARSタイムライン]のビジュアルには『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』『スター・ウォーズ 反乱者たち』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、そして「エピソード6」の5年後、ルーク・スカイウォーカーが帝国の邪悪な皇帝の前でダース・ベイダーとの最後の戦いに挑み帝国が崩壊した後の時代、一匹狼のバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)マンダロリアンを主人公にフォースの力を秘めた子ども“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描き、批評家・視聴者から大絶賛を受け続けている大注目作品『マンダロリアン』が記載されている。

その後も『スター・ウォーズ レジスタンス』、そして、スカイウォーカー家のサーガを締めくくる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が記され、この壮大な『スター・ウォーズ』の年表を完成させる。

さらに、2度見3度見必須の特別映像には、『スター・ウォーズ』の感動が蘇る名シーンの数々。ミレニアム・ファルコンで銀河を駆け巡る若きルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、オビ=ワン・ケノービとチューバッカ、キャリー・フィッシャー演じるレイアの「フォースと共にあらんことを」という名台詞、クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービが2人でライトセーバーを構える姿など、どれも『スター・ウォーズ』を象徴するシーンだ。1977年に全米で『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されてから43年。ジョージ・ルーカスが生んだ『スター・ウォーズ』の世界観は映画だけでなく、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』は大人気テレビアニメシリーズとなり、実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』は米批評サイトRotten tomatoesでも93%フレッシュの高評価を獲得。さらに、『マンダロリアン』はTV界のアカデミー賞と言われるエミー賞では15部門にノミネート、7部門を受賞するなど、『スター・ウォーズ』現象は今も留まることを知らない。


ついに『スター・ウォーズ』43年の歴史がディズニープラスに集結。『マンダロリアン』シーズン2は10月30日(金)ディズニープラスにて日米独占配信。


■『マンダロリアン』シーズン2
10月30日(金)よりディズニープラスにて独占配信
(C)2020 Lucasfilm Ltd.

【動画】スター・ウォーズのすべてがディズニープラスに集結!


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)