桐山漣、日仏合作映画で“自然の洗礼”受ける「苦手なムシがたくさんいて、、」

映画・舞台 公開日:2020/10/08 5
この記事を
クリップ

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017のゆうばりチョイス部門にてワールドプレミアを行い、第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門で上映された日仏合作映画『海の底からモナムール』が、12月4日(金)よりアップリンク吉祥寺にて他全国順次公開されることが決定した。本日、本作のW主演を務めた桐山漣と清水くるみからコメントが到着した。





【関連】『おじカワ』桐山漣演じる鳴戸に注目集まる「キャラクターが面白い!」


本作は、エリック・ロメール監督作品の音楽を担当するなど、多岐に渡って活躍するフランスのロナン・ジル監督の長編2作目。溝口健二や増村保造の影響を受け、念願の日本で本作を撮影したジルは、オール日本人キャストで全編日本語ながら、日本の従来のホラー映画の幽霊とは違う、足があり、セーラー服を着ていて、性欲もある、オリジナリティ溢れるヒロインを描き、ホラーファンもロマンティクなフランス映画ファンも必見の一作となっている。


10年前、イジメに遭い、崖から飛び降りたミユキは、タクマに「ただ愛されたい」という一心で、17歳のままの姿で、海底にいる。10年後、高校卒業後初めて島を訪れたタクマたちに待っていたのは…。ミユキの一件以降、10年間島に戻れなかった主人公・タクマ役に『貞子』『呪怨-ザ・ファイナル-』で日本2大ホラーに出演している桐山漣、タクマを一途に想い、17歳のままの姿のミユキ役に『青の帰り道』の清水くるみが演じる。タクマの彼女・カオリ役で『欲動』の三津谷葉子、タクマとミユキの高校の同級生・マツ役で、au三太郎シリーズのCMの一寸役でお馴染みの前野朋哉、マツの彼女・トモヨ役で、釜山国際映画祭でAsia Star Awards 2014 最優秀新人監督賞を受賞するなど、女優のみならず、監督、プロデューサーとしても国際的に活躍する杉野希妃が出演する。



⇒次ページ:桐山漣・清水くるみからコメント到着


1/2ページ