松本穂香と奈緒、巨匠・角川春樹からの女優としての「完成」認定に照れ&恐縮

映画・舞台 公開日:2020/10/07 3
この記事を
クリップ

女優の松本穂香と奈緒が7日、東京の神田明神で行われた映画『みをつくし料理帖』(10月16日公開)の大ヒット祈願イベントに角川春樹監督と出席した。




これまで数々のスター女優を輩出してきた角川監督。松本と奈緒の印象を問われると「今回は本読みを前もって数回やりましたが、二人の演技力・表現力・読解力は図抜けています。驚くべき演技力。もう完成しています」と大絶賛。それに松本は「私としてはこれからももっと成長していきたいのですが、とてもありがたいお言葉です」と照れて、奈緒も「身に余るお言葉。そのお言葉をお守りに、再び成長した姿を見せられるように頑張りたいです」と恐縮していた。




撮影から約1年。本作の舞台・千代田区の神田明神でのご祈祷を終えた松本は「いよいよ公開が近づいているんだなぁとひしひしと感じています。この作品が沢山の方に届けばと改めて思いました」と笑顔。奈緒は「公開まで10日を切ったということで緊張感が増してきています。でもしっかりとお祈りしたので、沢山の方に作品が届けば嬉しい」と願いを込めた。


角川監督は「僕の中では緊張は終わりました」と晴れやかな表情で「映画はお祭りです。お祭り気分でないと面白くない。それをしみじみと感じています。しかも神田明神はお祭りの中心。私もお祭りに参加している気分でいます」と話した。


次ページ⇒松本穂香&奈緒、劇中でのお気に入りグルメを明かす

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)