吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』映画で泣いて、ノベライズで二度泣く

映画・舞台 公開日:2020/10/05 13
この記事を
クリップ

吉高由里子×横浜流星W主演映画『きみの瞳が問いかけている』のノベライズが発売された。


【画像】完成披露イベントで笑顔はじける横浜流星


10月から放送開始のTBSドラマ「危険なビーナス」主演の吉高由里子と、「2019年ブレイク俳優ランキング」をはじめとする数多くの賞を総なめにした今いちばん勢いのある俳優・横浜流星がW主演。家族と視力を失うも明るく生活する明香里役を吉高由里子が、決して明かすことのできない暗い過去を持つキックボクサー篠崎塁役を横浜流星が演じる、2020年10月23日(金)全国公開の映画『きみの瞳が問いかけている』。


この作品をノベライズした、『小説 映画 きみの瞳が問いかけている』(講談社刊)が10月5日に発売となった。初回限定特典として、ポストカードがついている。


【本の内容】
愛しているから、別れを選んだ――。胸がしめつけられる超純愛ノベライズ!
不慮の事故で視力と家族を失った明香里。罪を犯し、キックボクサーとしての未来を絶たれた塁。二人は出会い、恋に落ちる。暗闇で生きてきた二人が、初めて見つけた幸せな日々。ところがある日、塁は明香里が失明することになった原因を知り、大きな決断をする……。逃れられない過去の影が運命を引き裂いていく中、おたがいに自分のすべてをささげようとする二人が選んだ結末とは――。


■書名:小説 映画 きみの瞳が問いかけている
作:時海結以
脚本:登米裕一
2020年10月5日発売
定価:本体720円(税別)
講談社


▼映画完成披露イベントのレポート記事(写真多数)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)