二宮和也は「本当に人たらし」妻夫木聡も絶賛「壁を作らず常に自由」

映画・舞台 公開日:2020/10/02 21
この記事を
クリップ

二宮和也ほかキャストコメント


【二宮和也コメント】

僕らはレギュラー番組もやっていて、通常だったらお客さんに盛り上げてもらうところも、そういうことも無くなり、むしろそれが定着しつつある中で、こうして舞台挨拶ができて本当によかったです。全国の皆さんにこうやって登壇者が出てきて挨拶する姿をお見せすること自体が久々なんじゃないかと思います。“動き出したな”という感覚がすごくあります。お母さんに殴られるシーンが“浅田家”を一番象徴していて良いシーンだなと思います。一見普通の家族と逆転しているように見えるけど、でもそれが不思議とフィットしていて、あたたかさを感じるシーンで「浅田家らしいな」と思いました。久しぶりに舞台挨拶をやらせて頂きましたが、今後もこういう形で映画の世界は戻ってくると信じています。みんなで同じものを観て共有するという行為が映画の価値を高めることだと再認識しました。


【妻夫木聡コメント】

本日無事に初日を迎え、こうして皆さんの前に立てていることが本当にありがたいことだと実感しています。(劇中の)少女が父親の写っている写真を探すシーンがグッときました。僕も最近アルバムを見返す機会がありましたが、父があまり写っていなくて、理由は映画と同じだと思うのですが、そこで父親の愛情にはじめて気づくことができました。二宮さんは本当に人たらしで、人との間に壁を作らず、常に自由に羽ばたいているような人なので、一緒にいるとこちらまで感情豊かになりました。


【風吹ジュンコメント】

とても楽しい作品に参加できて嬉しかったです。観た人が多幸感に包まれる作品だと思います。政志(二宮)と若奈(黒木)が電話で話しているシーンは、別場所で全く違う場所で撮っているのに、二人のやりとりがすごく繋がっていて感動しました。


【平田満コメント】

こんなに人を好きになる映画に出演できて嬉しいです。父親が亡くなった娘の写真を探すシーンにグッときました。僕も父親なので、そういう話に弱くて…。


【黒木華コメント】

あたたかい映画に参加できてとても嬉しいです。実際に浅田さんがコスプレ家族写真を撮影している姿にグッときました。ご本人が実際に撮影していたときのことを、重ね合わせながら見ているのかと思いながら見ていました。


【浅田政志コメント】

僕が家族に迷惑をかけた話が、こんなに素敵な映画になって本当に嬉しいです。


【中野監督コメント】

今日を迎えるために映画を作ってきたので、初日を迎えることができて嬉しいです。


▼関連記事


映画『浅田家!』は全国東宝系にて、大ヒット公開中。


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)