松村北斗が“激甘男子”に、森七菜はギャルメイクのJK姿を初披露

映画・舞台 公開日:2020/10/02 2
この記事を
クリップ

松村北斗(SixTONES)と森七菜が初共演でW主演を務める映画『ライアー×ライアー』(2021年初春公開)より特報映像とティザービジュアルが解禁された。


今回解禁された特報映像は、ワケあって高校の制服にギャルメイクで街に出た湊が、偶然にも透に遭遇してしまう場面から始まる。

地味系女子大生湊とJKのフリした湊(=みな)を演じた森七菜が、これまでの清純派イメージを覆す金髪のウイッグにギャルメイクのJK姿を初披露。そのギャップに誰もが魅了される。また、松村演じる、普段はクール系モテ男の透が、姉と気づかずベタ惚れしてしまったJKみなに対しては一途な激甘男子に激変し「好きだって言ったら嫌かな」と熱烈にアプローチするシーンや、デレデレの表情でデートするシーンにもキュンとすること間違いなし。そのツンとデレのギャップで全女子を沼に突き落とす。


最後はウソから始まる「私と義理の弟とJK姿の私」の三角関係の物語が始まる!と素敵なキスシーンで終わると思いきや、みなに突き飛ばされた透が「舌噛んだっ」とキス未遂に終わるオチが用意され、くすっと笑える仕上がりになっている。この前代未聞の三角関係の今後の展開から目が離せない特報映像に仕上がっている。


また、今回同時に解禁されるティザービジュアルでは、「ホントの私×義理の弟×ウソの私」のコピーと共に、ちょうど三角形ができる位置に3人が配置され、<2人なのに三角関係>な新感覚ラブストーリーにぴったりのビジュアルに。


原作は、累計発行部数170万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)。「私×義理の弟×JK姿の私」という不思議な三角関係にヒヤヒヤしながらも、爆笑&胸キュンしてしまう新感覚のラブストーリーに注目だ。


■『ライアー×ライアー』
2021年初春  全国ロードショー
出演:松村北斗(SixTONES) 森七菜 / 小関裕太  堀田真由
配給:アスミック・エース
(C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会  (C)金田一蓮十郎/講談社



※本記事は掲載時点の情報です。