北村匠海 ギャップは反則級!?本気すぎる全身タイツ姿でダンス

映画・舞台 公開日:2020/10/02 5
この記事を
クリップ

10月30日(金)公開の映画『とんかつDJアゲ太郎』より、北村匠海演じるアゲ太郎とその友人 “3代目道玄坂ブラザーズ”(加藤諒・浅香航大・栗原類・前原滉)が渋谷の中心で全身タイツでDANCEするハイテンションな本編映像が初解禁された。



集英社『少年ジャンプ+』で連載されるや、ネット上で絶大な支持を集めた伝説のギャグ漫画『とんかつDJアゲ太郎』(原作:イーピャオ・小山ゆうじろう)。2015年に『少年ジャンプ+』で初の単行本化、2016年にテレビアニメ化も実現。そして満を持して、『少年ジャンプ+』から初の実写映画化が発表されると、Twitterトレンド入り。Yahoo!リアルタイム検索ワード1位と大きな話題に。


主人公のアゲ太郎を演じるのは北村匠海。老舗とんかつ屋「しぶかつ」の3代目・跡取り息子で、ひとめぼれしたイケてる女子・苑子ちゃんを射止めるため、とんかつもフロアもアゲるとんかつDJを目指すアゲ太郎をコメディ初挑戦にして抜群のセンスで演じ切った。


そして今回、北村匠海演じるアゲ太郎とその友人 “3代目道玄坂ブラザーズ”(加藤諒・浅香航大・栗原類・前原滉)が、YouTuberデビューを果たす、渋谷の中心で全身タイツでDANCEする本編映像が公開された。


リアルな渋谷でオールロケを決行した本作。渋谷に実在するクラブでの撮影はもちろん、渋谷ハチ公前や109前のスクランブル交差点、井の頭通り、公園通り、ファイヤー通りなど渋谷を象徴するスポットでロケ撮影が行われた。本物の渋谷を背景にアゲ太郎たちが走り回り、踊り、歩くことで、原作のありそうでなさそうな“渋谷ファンタジー”と現実がちょうどいいバランスでミックスされ、独自の渋谷グルーヴが生まれている。


全身タイツ姿のアゲ太郎と3代目道玄坂ブラザーズがいるのは、渋谷モディ前のスクランブル交差点前。C+Cミュージック・ファクトリーによる『GONNA MAKE YOU SWEAT(EVERYBODY DANCE NOW)』の軽快なリズムに合わせてダイナミック!?なダンスを踊る、という冒頭から観るものの笑撃を誘うシーンから始まる。


渋谷でのロケを行う一方で「しぶかつ」「アゲ太郎自室」などはスタジオセットでの撮影が行われ、「しぶかつ」のポイントは、「DJのターンテーブルと同じようにフライヤー(揚げ場)をセンターに置いたこと。お客さんはまさにオーディエンス。クラブのフロアとリンクしやすい構成を狙った」と美術スタッフが語るように、とんかつ屋がフロアに一変、コンロをDJコントローラーに見立てDJプレイがスタート!?


渋谷ハチ公前では、本人役で映画初出演している“最も旬なYouTuber&芸人”として見事な二刀流を成功させるフワちゃんが、とんかつ屋とDJの二刀流を目指す「とんかつDJアゲ太郎」とコラボする一幕も。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)