星野源、娘役が小栗旬へ心変わりしショック!?「あんなに懐いていたのに」

映画・舞台 公開日:2020/09/29 35
この記事を
クリップ

土井監督は、現場での印象的だった出来事を「星野さんは奥さんと子供がいる役なんですけど、5歳くらいの女の子がすごく星野さんに懐いていたんです。でも次の日くらいに小栗さんがそこに訪ねてくるシーンがあって、小栗さんがセットに来たらその女の子の目がハートになる瞬間を僕は見てしまい...(笑)。あんなに、あんなに(星野さんに)懐いてたのに(笑)」と笑いをこらえきれない様子で紹介。星野も「あんなに僕には“普通に”懐いていたのに(笑)」と笑い、小栗も「そうでしたね(笑)。あったあった」と思い返していた。


【写真】小栗旬、あまりのカッコよさにメロメロ(全20枚)


最後に星野は「撮影してから1年半くらい公開を待ちわびて、その間に本当にいろんなことがあって、やっと公開できることを心からうれしく思います」としたうえで、「今を生きている僕たちにものすごく刺さるものなんじゃないかなと思っています。いろんな事件が世の中にはあるし、いろんな報道があると思いますが、テレビや新聞や雑誌から流れてくるいろんな情報というものの外側にある声っていうものがこんなにたくさんあるっていうことを日常でも意識できるような作品ではないかなと思います」とコメント。


小栗は「この作品は、観終わったあとに少し考える時間を作れるような映画になっているので、さまざまなメッセージのどれをキャッチするのかは観てくださるみなさん次第だと思うんですが、『あれってなんだったんだろうな』とか『実はこうだったのかもしれないな』と少し考える時間を作ってもらって、それもひっくるめて楽しんでいただけたらなと思っております」とメッセージを贈り、イベントを締めくくった。


映画『罪の声』は10月30日より全国東宝系にて公開。


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント