欅坂46 小林由依 オーディションで射止めた映画出演、女優として存在感放つ

映画・舞台 公開日:2020/10/02 2
この記事を
クリップ

映画『さくら』(11月13日(金)公開)より、欅坂46・小林由依の場面写真が解禁された。



原作は累計55万部を突破する直木賞作家・西加奈子の同名小説。登場するのは、サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族。そして、彼らにとって大切なひとたちだ。『三月のライオン』、『ストロベリーショートケイクス』など海外からも高い評価を受け、詩情溢れる作品を多数生み出してきた矢崎仁司監督のもと、長谷川家の兄弟妹を演じるのは北村匠海、小松菜奈、吉沢亮という人気、実力を兼ね備えた俳優陣。3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じ、彼らと出会う女性キャラクターに一人を小林由依が演じている。


本作がスクリーンデビューとなった小林がオーディションで勝ち取った役柄は、小松菜奈演じる長谷川家の末っ子・美貴に初めてできた友人の大友カオル。サバサバとした性格で、友達のいなかった美貴とも親しくなっていく。劇中では方言指導のもと見事な大阪弁を披露したり、アクションシーンにも挑戦しており、映画初出演ながらもその存在感を遺憾無く放っている。


今回到着した場面写真では、物語で重要な役割を担う長谷川家の愛犬“サクラ”と触れ合う写真や、卒業式に全校生徒の前でマイクを握りしめ発言する姿が切り取られている。

【画像】小林由依:サクラに微笑みかけ戯れる初々しい姿


実生活では犬を飼ったことがないという小林がサクラに微笑みかけ戯れる初々しい姿や、欅坂46での活動とも重なる堂々と人前に凛と立つ姿など、様々な一面を見つけることが出来る。アイドル、モデルとしてだけでなく、女優としての活躍もますます期待される小林由依に注目だ。



■映画『さくら』
11月13日(金)全国公開
出演:北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、小林由依(欅坂46)、水谷果穂、山谷花純、加藤雅也、趙珉和、寺島しのぶ、永瀬正敏
配給:松竹

(C)西加奈子/小学館(C)2020「さくら」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)