佐藤大樹、橋本環奈からの渾身ビンタに「実はMなのかもしれない」

映画・舞台 公開日:2020/09/28 5
この記事を
クリップ

佐藤大樹と橋本環奈が28日、都内で行われた映画『小説の神様 君としか描けない物語』(10月2日公開)の公開直前イベントに佐藤流司、杏花、莉子、坂口涼太郎、片岡愛之助、久保茂昭監督と参加した。

劇中で橋本からビンタを受けた佐藤が「久保監督から台本上で書いていた数よりも増やされた」と振り返ると、橋本は「本当なら一回のビンタで済んだはずだったのに、久保監督は『大樹が殴られているところが見たい』という意志だったので…」と忖度告白。撮影本番では渾身の力を振り絞ってのビンタを炸裂させたそうで「痛そうな顔をしていた」と橋本から申し訳なさそうに明かされた佐藤は「メチャクチャ痛かった。でも一発OK!実はMなのかもしれない」と晴れやかな表情を浮かべていた。


【写真】ほかの写真をみる

佐藤と橋本は初共演。橋本の印象について佐藤は「橋本さんにはほかの作品でツンツンしていたり、怒鳴ったりしているイメージがあったので、そういうような方なのかと思った」と対面前は怯えていたようだが「実際は物腰も柔らかくて何も飾らずフランクに話してくれる女優さん。一ファンとして国民的に愛されている理由がわかりました」とイメージ刷新。それに「恐縮です」と肩をすぼめる橋本は「大樹君は誰とでも仲良くなれる人。年上にも年下にも好かれる存在」と褒め返していた。


映画のタイトルにちなんで互いを「○○の神様」と名付ける企画では、佐藤は橋本を「コミュ力の神様」、橋本は佐藤を「令和のマルチ神様」と表現した。佐藤は「誰とでも仲良くなれるし、年齢に関係なく懐に飛び込むのが上手」と橋本の人懐っこさを評価。一方の橋本は「ボケるときに必ず自分のことを“令和の○○だ”という。令和という言葉を使いたがる人」と笑わせつつ「パフォーマーとしても俳優としてもお話もお上手。全体的にマルチに活躍できる人」と理由を説明。それに佐藤は「令和という言葉の響きが好き。頭がよさそうに見えるかなぁと思って」と謎の持論を展開していた。


気鋭の作家・相沢沙呼によるベストセラー青春小説を、佐藤&橋本のW主演で映画化。ナイーブで売れない小説家・千谷⼀也(佐藤)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本環奈)が力を合わせて大ベストセラーを生み出すべく共作に奮闘する。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)