吉沢亮主演『AWAKE』金爆・歌広場淳らが絶賛「出会えて良かった」

映画・舞台 公開日:2020/09/30 3
この記事を
クリップ

河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から栄えあるグランプリに選ばれた作品『AWAKE』が、12月25日より新宿武蔵野館ほか全国にて公開となることが決定した。


本作は、2015年に実際に行われ、当時ネットユーザーや将棋ファンの間でかなりの物議を醸した、棋士VSコンピュータの対局に着想を得て、山田篤宏監督が書き下ろした完全オリジナルストーリー。天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた主人公が冴えない大学生活を送っていたある日、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語。

主演に、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』主演が決定し、飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優・吉沢亮。共演に、31歳にして芸歴30年を誇る若手実力派・若葉竜也、映画・ドラマ・舞台と幅広いジャンルで活躍する落合モトキ、昨年第92回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞し注目が集まる寛一郎。更に、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことら、確かな実力を持つ面々が顔を揃えた。脚本・監督は、山田篤宏。ニューヨーク大学で映画を学び、これまで乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた40歳の俊英が満を持して商業映画デビューを果たす。

このたび、ポスタービジュアルが解禁された。解禁されたポスタービジュアルには、大学のAI研究会で将棋ソフトの開発に勤しむ英一(吉沢亮)が切り取られている。猫背で地味な見た目でありつつも微かに笑みを浮かべたような絶妙な表情が、底知れない演技力を持つ吉沢亮が作り上げたキャラクターに期待が膨らむとともに、「それは、どん底から目覚めた僕が見つけた、最高の悦び」というコピーが、一度は夢をあきらめ、絶望の淵に立った男が再起する成長物語を予感させる。


さらに、早くも本作に魅せられた各界の著名人から絶賛コメントが到着。「目が覚める・眠りから起きる・覚醒」を意味するタイトル“AWAKE”をテーマに本作へ、“勝ち負けのない世界”に行きたいとよく考えていたというゴールデンボンバーの歌広場淳や、将棋親善大使に就任したことでも知られる元乃木坂46の伊藤かりん、コンピュータ将棋Bonanza開発者の保木邦仁、本作のモデルになった対局をリアルタイムで観戦していた将棋ライターの松本博文、noteに掲載した漫画「岡崎に捧ぐ」が話題を呼んだ漫画家の山本さほ、映画監督の犬童一心や山下敦弘など、様々なジャンルの著名人からコメントが寄せられた。

<伊藤かりん(タレント/将棋親善大使)コメント>
私はアイドル時代何を頑張ったらいいのか道に迷っていた時「将棋」に出会い、私のアイドル人生は充実したものになりました。この映画では暗闇に迷い込んだとしても、一筋の光を信じて頑張ることの大切さが改めて学べました。

<犬童一心(映画監督)コメント>
行ったことのないステージに立ちたくて、全てをそれにつぎ込んでいく。そのことの価値を分かち合える人がいることの幸福。男と男が見つめ合うだけでグッとくるシーンが溢れている。しかもそれが吉沢亮だからずるい。ずるいけど、とっても嬉しいです。


<歌広場淳(ゴールデンボンバー)コメント>
何をやっても鈍臭い僕は「勝ち負けのない世界」に行きたいとよく考えていました。ただ、勝ち負けのない世界に行くためには勝ち続けなくちゃいけないことが辛かった。でも、こんな方法があったんですね。AWAKEと出会えて良かった。

<小杉康夫(TBS「プロ野球戦力外通告」「バース・デイ」総合演出)コメント>
プライドをへし折られ、絶望の淵に立たされた男たちを見てきた私は、彼らから勇気をもらった。そして、この映画の主人公は、彼らと同じように、私に勇気をくれた。

<実家が全焼したサノ(インフルエンサー)コメント>
目が覚めたら吉沢亮さんになっていますように、と願ったことがあります。だけど映画を見て、強い誰かになるのではなく、自分の強さを見つけることが大切だと学びました。でも、吉沢亮さんにはなりたいです。

1/2ページ