『とんかつDJアゲ太郎』パパイヤ鈴木、OKAMOTO'Sオカモトレイジがカメオ出演

映画・舞台 公開日:2020/09/29 3
この記事を
クリップ

Twitterトレンド入り!Yahoo!リアルタイム検索ワード1位!日本のソウルフード・とんかつも、クラブミュージックも、常に人を幸せにしてくれるもの。ジューシーなとんかつを揚げる音と、フロアを熱狂の渦に巻き込むビートが見事に融合し、これまで体感&音感したことのない、満腹絶倒コメディが爆誕。集英社「少年ジャンプ+」で連載されるや、ネット上で絶大な支持を集めた伝説の漫画『とんかつDJアゲ太郎』(原作:イーピャオ・小山ゆうじろう)が、『帝一の國』『翔んで埼玉』のフジテレビムービーと、『るろうに剣心』シリーズ、『銀魂』シリーズなど、「週刊少年ジャンプ」の大人気作品の映画化を大ヒットに導くワーナー・ブラザース映画によって、遂に実写映画化。映画『とんかつDJアゲ太郎』が10月30日(金)に公開される。

そして本日ニクの日(9月29日)0時から、最高の音楽スタッフたちが集結した本作のオリジナル・サウンドトラックが、Spotify、Apple Music、Amazon Music、LINE MUSIC、YouTube Music、D Hits、AWAにて配信開始となった。さらに、日本の音楽シーンをリードする2人、パパイヤ鈴木とオカモトレイジ(OKAMOTO'S)のカメオ出演シーンが解禁。クラブシーンでDJ役として出演するオカモトレイジをDon't miss it!


本作の主題歌には、グラミー賞の累計受賞歴11回の“世界No.1のソング・メーカー”ブルーノ・マーズの『ラナウェイ・ベイビー』を起用。さらに本編では、マルーン5『Sugar』、ジャスティス『D.A.N.C.E.』、ザ・ケミカル・ブラザーズ『Star Guitar』といった誰もが聴いた事のある名曲から新曲の数々が登場する。そしてこの全編最強プレイリスト映画をさらに盛りアゲるため、ロックバンド「OKAMOTO’S」のドラマーであり、近年はDJとしても活動するオカモトレイジが、カメオ出演として参戦していることが明らかに。アゲ太郎が出場することになるDJイベントのMCとして存在感を発揮するパパイヤ鈴木と、そのイベントでDJとして活躍するオカモトレイジのふたりが、劇中で登場、そのシーン写真が今回初解禁となった。音楽シーンをリードするお馴染みの顔ぶれだけに、音楽ファン必見だ。

さらに、劇中で使用されている劇伴を完全網羅した「オリジナル・サウンドトラック」では、渋谷のアンダーグラウンドで盛り上がっていたヒップホップ、ソウル、ジャズを軸としたジャムセッションムーブメントから生まれたミュージシャンが集うレーベル兼クリエイターチーム「origami PRODUCTIONS」所属のShingo Suzuki、mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Michael Kaneko、Hiro-a-keyなどそうそうたる顔ぶれが集結。それぞれが国内外での大型フェスの常連であると同時に、映画・ドラマ・アニメやCM音楽の制作、また世界中のアーティストのプロデュース、リミックス、演奏などでサポートしており、音楽ファンから高い評価を受け続けているだけに、サウンドトラックも音楽ファン必聴であること間違いない。

本作で登場する既存曲の選曲協力を行い、アニメ版の劇伴も担当していたMU-STARS 藤原大輔は「とんかつDJアゲ太郎、実写映画完成おめでとうございます!!今回は「原作マンガの登場人物が実際にかけていそうな楽曲」をいくつか提案させて頂きました。その曲が映画館のスクリーンから爆音で流れて来た時はブチ上がりました。笑 参加させて頂き、ありがとうございました!」とコメントしており、期待は高まるばかり。

最高のメンバーが集結し、映画全編を通して、邦画史上最多&最強と言っても過言ではない楽曲数and神曲プレイリストで贈る、バイブスが上がること間違いなし!の映画が、この『とんかつDJアゲ太郎』だ。


■映画『とんかつDJアゲ太郎』

10月30日(金)全国ロードショー
キャスト:北村匠海 山本舞香 伊藤健太郎 加藤諒 浅香航大 栗原類 前原滉 池間夏海 片岡礼子 ・ ブラザートム 伊勢谷友介
配給:ワーナー・ブラザース映画

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)