佐久間由衣×奈緒に不穏な空気、“暴力”“児童虐待”…社会の闇に直面

映画・舞台 公開日:2020/09/29 5
この記事を
クリップ

芥川賞作家・津村記久子のデビュー作にして第21回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い』が実写映画化され、2021年に公開予定となる。本作は、卒業間近の大学生である主人公がなんとなく過ごす日常の中で、ふとした折に「暴力」「児童虐待」「ネグレクト」などの社会の闇と、それに伴うやり切れない「哀しみ」に直面する物語。この度、第33回東京国際映画祭の「TOKYOプレミア2020」にてワールドプレミア上映される事が決定した。あわせて特報、場面写真が解禁となった。

【画像】ほかの画像を見る

今年で33回目を迎える東京国際映画祭。今回は、昨年まで実施していた「インターナショナル・コンペティション」、アジアの鋭監督の作品を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の3部門を「TOKYOプレミア2020」という1つのショウケース部門に統合。同部門の全作品を対象とした観客賞が設けられる。

さらに、今回解禁された特報は、佐久間由衣演じるホリガイのナレーションから始まり、その後は台詞をほぼ排除し映像と音楽を中心に構成されている。ホリガイと奈緒演じるイノギの交流や、小日向星一、笠松将、葵揚、森田想らの登場シーンも織り込まれ、いくつかのカットは不穏な空気も感じさせるものになっている。

映画『君は永遠にそいつらより若い』は2021年公開予定。

■映画『君は永遠にそいつらより若い』
2021年公開予定
出演:佐久間由衣 奈緒 小日向星一 笠松将 葵揚 森田想
配給:Atemo
(C)『君は永遠にそいつらより若い』製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)