『一度死んでみた』佐藤健らも登場する特典映像ダイジェスト公開、撮れ高充実で大増量

映画・舞台 公開日:2020/09/29 43
この記事を
クリップ

広瀬すず主演、吉沢亮、堤真一らが共演、監督・浜崎慎治、音楽・ヒャダインの超豪華キャスト&スタッフによる、今春劇場スマッシュヒットとなった笑って泣けるコメディ、映画『一度死んでみた』のBlu-ray&DVDが10月7日(水)に発売される。

発売を1週間後に控えた本日、豪華版(初回限定生産・2枚組)に収録されるメイキング、インタビュー、イベント映像集など約180分(当初は130分の予定があまりにも撮れ高が充実していた為、約180分に大増量)にも及ぶ特典映像からのダイジェストが特別公開となった。盛りだくさん充実の特典映像を、ギュッと約2分に凝縮ダイジェスト。妻夫木聡、佐藤健、志尊淳、池田エライザ、西野七瀬ほか超豪華出演陣もしっかり登場、濃厚すぎる約2分となっている。


<特典映像ダイジェストより、発言例>

★広瀬すず「私の中にあるヤサグレ精神がパーン!と出た感じ」
★吉沢亮「ただただバカバカしいコメディだと思ってたんですけど、そんな深い映画だったんだなと」
★堤真一「娘にこんな言われたらもう富士の樹海に行くね」
★古田新太「広瀬すずちゃんに堤真一さんが罵倒されてるシーンが見どころだと思います」
★大友康平「このストーリーは、愛です。“愛がすべてさ”、大友康平でした!」

<ストーリー>

父親のことが大嫌いで、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、売れないデスメタルバンドのボーカルをしている。ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤真一)への不満をシャウトするのが日常だった。そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。実は計が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…!大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡(吉沢亮)とともに、父を救うため立ち上がることに!火葬までのタイムリミットは2日間。はたして七瀬は無事、父を生き返らせることができるのか!?


■『一度死んでみた』Blu-ray&DVD

2020年10月7日(水)発売
豪華版Blu-ray(初回限定生産):6,700円+税
豪華版DVD(初回限定生産):5,800円+税
通常版DVD:3,800円+税
発売元:フジテレビジョン
販売元:松竹

出演:広瀬すず 吉沢亮 堤真一 リリー・フランキー 小澤征悦 嶋田久作 木村多江 松田翔太 加藤諒 でんでん/柄本時生 前野朋哉 清水伸 西野七瀬 城田優 原日出子 真壁刀義 本間朋晃/野口聡一(JAXA宇宙飛行士) 佐藤健/池田エライザ 志尊淳/古田新太 大友康平 竹中直人 妻夫木聡



(C)2020 松竹 フジテレビジョン



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)