GENERATIONS 全員参加の『シネマファイタープロジェクト』が始動、2021年公開決定

映画・舞台 公開日:2020/09/27 4
この記事を
クリップ

GENERATIONS from EXILE TRIBEが27日、東京・明治神宮会館で行われた国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル アジア 2020』(以下SSFF)のアワードセレモニーにEXILE HIROと登壇。同セレモニーにて「CINEMA FIGHTERS project」第4弾の制作発表が行われた。



『CINEMA FIGHTERS project』とは、EXILE HIROがエグゼクティブプロデュサーを務め、SSFF&ASIA代表の別所哲也や企画・プロデュースを行い、作詞家⼩⽵正⼈の詩をもとに、ショートフィルムを制作するというもの。第4弾目となる今回はGENERATIONSが全員参加し、6つのオムニバス作品を『昨⽇より⾚く明⽇より⻘く-CINEMA FIGHTERS project-』として来年公開する。



本日、作品ごとの監督と出演者も発表され、SABU監督作品に佐野玲於、新城毅彦監督作品に関口メンディー、⼭下敦弘監督作に白濱亜嵐、森義隆監督作に中務裕太、真利⼦哲也監督作に片寄涼太、久保茂昭監督作に小森隼が出演。数原龍友は、関⼝の出演作の主題歌を担当する。


SABU監督とタッグを組む佐野は「元々自分も映画を観るのが好きで、SABU監督のいちファンとして作品を観ていました。そんな監督とご一緒させていただけて光栄。SABU監督の第一印象はパンクな方だと個人的に思ったので、作品のニュアンスをつかむのにそんなに時間がかからなかったかったです」と語った。


新城監督と関口メンディーは“素敵なラブストーリー”でタッグ。関⼝は「出来るかなって不安な部分もあったんですが、自分としてもやったことのない役柄だったので勉強になりました」と撮影を振り返った。


関口の主演作の主題歌を担当する数原は「主題歌として携われて光栄です。作品を拝見させていただいた際、自分の想いとリンクする部分があった」とひと足早く作品を鑑賞した感想を語った。


山下監督とタッグを組んだ白濱は、自身の出演作の『貴族降臨-PRINCE OF LEGEND-』 などを例に挙げ「ここ最近貴族や大富豪などと劇画チックなキャラクターをやらせていただいたことが多かったんですけど、今回はとにかくナチュラルな役。改めてお芝居の基礎の部分を見直すことができて、素敵な経験でした」と語った。


森督作に出演する中務は「森監督がすごく僕のキャラクターを理解してくれて、より僕の素に近い役を準備してくださった。リラックスして役に臨むことが出来て、良い経験でした」と振り返った。


真利⼦監督作に出演する⽚寄涼太はこれから撮影に臨むという。「半分くらい英語のセリフがあるので、役作りの一環として英語を勉強しています」と撮影に向けて準備していることを明かした。



久保監督とタッグを組む⼩森隼は「僕を10代から知っていただいている久保監督。そんな監督が思い描く僕はどんなものになるのか、これから撮影なんですけどすごくワクワクしています」と話した。


最後にHIROが「僕自身もすごいワクワクしています。来年公開するので、その時に今までないようなイベントやプロモーションを行って、みなさんにお届けしたいと持っています」とコメントした。













※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 37件)