濱田岳×水川あさみ、倦怠期真っ只中セックスレスなのに「究極の夫婦かも?」の声続出

映画・舞台 公開日:2020/09/27 5
この記事を
クリップ

この度、絶賛公開中の映画『喜劇 愛妻物語』の、特別映像(感動編)が解禁された。

『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた足立紳が、自身の夫婦生活を赤裸々に綴った自伝的小説を、自ら監督・脚本を務めて映画化した『喜劇 愛妻物語』。いつまで経っても売れる見込みがない、年収50万円の脚本家の豪太と、そんな情けない夫に絶望している酒好きの妻チカ。結婚10年目にして倦怠期の真っ只中にいる、セックスレス夫婦の痛快な愛憎劇だ。


9月11日より全国公開がスタートし、濱田岳演じる、うだつの上がらない脚本家のダメ夫・豪太と、水川あさみ演じる酒好きの恐妻・チカが繰り広げる【壮絶な夫婦バトル】が大きな反響を呼んでいる。「こんな情けない濱田岳、見たことない!」「水川あさみの鬼嫁、コワすぎ!」といった感想が、SNS上で飛び交っている。

一方で、見終わった後の声には「すごく感動した」「究極の夫婦かも?」といった意見も多く、止まらない毒舌、罵詈雑言!を吐く超鬼嫁の心の奥に、実は夫への才能への「期待」と変わらない「愛情」があり、その姿に魅了される人が続出。“恐妻”“罵倒”といったイメージとは違う「愛情深い妻」の姿に涙する観客も多く見られる。放送作家の野々村由紀子より「笑い声と同時に涙が流れたのは初めて。」、小堺一機より「声を出して、笑い、声を出して泣いた!」といった称賛コメントからも、この夫婦の姿・あり方が見る人の共感を呼び、時に感動すら与えることが伝わる。

この特別映像のラストには、水川あさみ演じる鬼嫁チカが「お、お酒が飲みたかったんだよ!!!」とダメ夫にブチ切れるシーンも健在。是非ご覧いただきたい。

<野々村由紀子(放送作家)コメント>
最っ低な夫と最っ高の鬼嫁が、非情な現実の海でもがき、足掻き、けなし合い、掴み合い、溺れないよう懸命に支え合っていた。笑い声と同時に涙が流れたのは初めて。

<小堺一機 コメント>
声を出して、笑い、声を出して泣いた!現実の辛さを知り尽くした者が真のロマンチストだと言う先達の言葉を思い出した。だからラストが照れくさく無く染みる!皆、男も女も頑張ろう!


■映画『喜劇 愛妻物語』

全国公開中
出演:濱田岳 水川あさみ 新津ちせ 大久保佳代子 坂田聡 宇野祥平 黒田大輔 冨手麻妙 河合優実 夏帆 ふせえり 光石研

(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会



▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)