伊藤沙莉「私はキラキラタイプじゃない」巡り合えた役を大切に

実力派女優として映画やドラマに引っ張りだこの伊藤沙莉。一方で、ハリウッド映画『ペット2』や、テレビアニメ『映像研には手を出すな!』などで個性的な声を活かし、声優業でも高い評価を得ている。そんな彼女が10月2日公開のアニメーション映画『小さなバイキング ビッケ』で、3度目の声の芝居に挑んだ。しかも今回は男の子役。「求められることが大きくなっていると思う」と強い気持ちで役柄に挑んだ伊藤の覚悟に迫る。


■オファーを受けたとき、喜びと不安が入り混じった心境


世界的に有名な名作児童文学をアニメーション映画化した『小さなバイキング ビッケ』。伊藤は、小柄で力は強くないが、勇敢な心と知恵を持つ族長の息子・ビッケに命を吹き込んだ。


「声のお仕事をさせていただくとき、男の子役をいつかやってみたいと思っていたので、こんなにも早くお話をいただけたことに驚きと喜びがありました。と同時に、3度目の声のお仕事だったので、ここでお話をいただくということは、過去の2作でなにかを感じてくださっていたと思うんです。そう考えると、まだまだ声のお仕事への経験もないですし、技量的にもその期待にしっかりと応えることができるのかという不安もありました」と率直な胸の内を明かす。


さまざまな思いが去来するなか、伊藤の背中を押したのが、作品の力。昔から世界中で愛されている児童文学であり、日本にもファンは多い。「母がドンピシャの世代で、子供のころに観ていた作品。このお話を相談したら、すごく喜んでくれたんです」と“挑戦したい”という気持ちが勝った。


【次ページ】“少年”を演じるポイントは「声の張り」

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 13件)